大変だ!!「りぼん」(1984)の書店用ポスターが売られていたぞ☆

おはようございます
橘ララベル、37歳厄年です

ここ数日は夜なべして
「昭和的ガーリー文化研究所 公式入門書」プレゼントの
発送作業にいそしんでました〜
無事に本日発送しましたので、みなさま楽しみにお待ちくださ〜い

さて、今日ご紹介したいのは
先日、会社の近くの古本屋さんにふらりと立ち寄ったら
偶然200円で売られていたポスターDEATH

P109005466.JPG
「りぼん」1984年4月新学期特大号の書店用ポスター

池野恋先生の「ときめきトゥナイト」
萩岩睦美先生の「銀曜日のおとぎばなし」の不動の人気連載陣、



実写映画化で話題になった
恵子タンの「月の夜星の朝」がメインビジュアルです
このころ、
ゆかしなはちょうど「りぼん」にどハマリしていた時期だったので、
懐かしいデス〜〜
「月の夜星の朝」というタイトルは
今みても、やっぱり素敵
本田先生は「月の夜星の淡さ」のつもりだったらしいのですが、
担当さんが電話で聞き間違えて、「朝」に変わったらしいですね〜

P1090054.JPG
おいッ、遼太郎くんのハンサムな顔が
りおに隠れて見れね〜ッ

P1090058.JPG
全プレのペンケース
持っていた人、いますか??

P1090056.JPG
映画版梁川りお役は、青田浩子ちゃん。
バタ臭い顔です。
野球評論家・青田昇氏の娘ということで話題になりましたよね。
その後、「おはようスタジオ」の司会もやっていたっけ。
この映画、大映映画だったというだけでも、かなりレア
遼太郎くんの役は坂上忍クンでした……
このキャスティング、どうよ!?

※「月の夜星の朝」についての過去記事はコチラ
「りおと遼太郎になれる!!『月の夜星の朝』のクロスペンダント♡」

P1090057.JPG
新連載「いるかちゃんヨロシク」
勉強苦手&スポーツ万能な元気少女、如月いるかは、
祖父が院長をつとめる転校先の名門・倉鹿修学院で
文武両道の生徒会長・春海と対立するが、徐々に惹かれあい……

元気でカワイイヒロインのいるかちゃんに、
当時のネクラ豚少女ゆかしなちゃんが、どれだけ憧れたことか
いるかちゃんのアンバー色の瞳が、きれいで好きでした。
もう一度読み直したい

P1090055.JPG
そして、こ、これは!?
まさか「ポーちゃん」?「ポーちゃん」なのか??
着ぐるみがあったとはww
これは知らなかったわw



とんでもケチャップ ゆーやん

80年代「サンデー」の最強ギャグヒロイン「ダメッ子ユキちゃん」(1983)

おはこんばんちは
アナフィラキシーガール、ゆかしなもんです

今回は
「少年サンデー」にて1981年〜1983年まで連載されていた
『ダメっ子ユキちゃん』を熱烈にレコメンド
作者はさとうしんまる先生です。

カテゴリーとしては少女漫画じゃないけど、
とにかくユキちゃんがカワイくて、
このほど
「昭和的ガーリー文化研究所」の
最重要ガーリィギャグヒロインに指定されました
カワイイだけじゃなくて
ちゃんとパンチが効いてるところがイイ
80年代の笑いのツボをキッティリ、おさえてます。

P1080558.JPG

P1080559.JPG
楽しくなければユキちゃんじゃない。メゲるなんてしったことじゃない。
ましてや、オチこむ、ネクラなんて、まるで関係なし。
これがうわさの、四コマ必殺爆笑まんがだ!!
さあ、ドバッとまとめて、どうぞ!!
(表紙カバーより)

P1080562.JPG

P1080561.JPG

内容は
頭が悪くてちゃっかり者でドジッ子で
いつも元気な水野ユキちゃんが巻き起こす、
必殺爆笑の大騒動〜!!といったところで
「学校編」だったり「スポーツ編」、「タレント・芸能編」など
シチュエーションはいろいろ!!
でも、ユキちゃんのキャラクターは
一貫して「ダメッ子」です笑
全作品4コマ漫画ですが、吹き出しちゃうぐらい面白い
そして不思議と
ユキちゃんの笑顔に癒されるのだ〜〜。

P1080569.JPG
スケバンにもなっちゃうし

P1080568.JPG
人魚にもなっちゃう

P1080567.JPG
踊っちゃうし

P1080566.JPG
選挙にも立候補しちゃう

ちゃっかり者のユキちゃんはなにかと
「みゃん
というのが口癖で、
そこがまたカワユイのである。

P1080570.JPG

P1080573.JPG
背景の張り紙にさとう先生のいろんな落書きが描いてあるのがまたツボ。
「おはようスパンクアンアン!!」
「さよなら三角3巻発売」

原秀則先生とは仲がよかったのか(?)
ユキちゃんの友達役で「ハラヒデノリ」君が出てきたりもしますwww

P1080571.JPG
「いってきまーす!!」まわしを締めて登校ww

P1080575.JPG
「みんみん♡」というパターンも多数あり

連載当時、少しは「みゃんって言うのが流行ったのかな??
知ってる人教えてください〜

当時はアイドルブーム全盛期でもあり、
ユキちゃんは芸能界にデビューしたりもします。
P1080574.JPG

P1080572.JPG

こういう天真爛漫なメゲないヒロイン、
ゆかしなは大好物です
ネアカな80年代っぽくてイイですよね〜

P1080576.JPG
「サンデー」読者なら思わずクスッとしてしまう
こんなサプライズもあったり。
「うる星やつら」のあたる「ダッシュ勝平」の勝平
「さよなら三角」の拓!!!

他にも当時のアイドル(ヒロくん、マッチ)や
偉人(聖徳太子、ヒトラーetc.)やら
スポーツ選手やらがわらわら出てきて
楽しすぎる〜
80年代に一気にタイムスリップできちゃう

ここでみなさんに朗報!!
武露愚には4コマで掲載できないのが残念なのですが、
電子コミックになっているので
なんと、立ち読みができるのだ

立ち読み版ユキちゃんはコチラから

この殺伐とした現代にこそ
ユル〜い「ダメッ子ユキちゃん」を読んで、
ダメッ子イズム&みゃんみゃんパワー♥
を継承するべきだと
ゆかしなは思うのである。

悩み多き人生。
将来が不安…
何を希望にして生きたらいいかわからない。
人間関係の悩み。仕事の悩み。健康の悩み。恋愛の悩み。勉強の悩み。
そんな人生におけるさまざまな深い苦しみも
「ユキちゃん」を読めば、
なんとなく解決してしまいそうな気持ちになる。
っていうか、悩みなんてどうでもよくなる笑

たぶん、立ち読みしたら
「ダメッ子ユキちゃん」が欲しくてたまらなくなる!
それでいいのだ
できればコミックス版で手に入れて
貴女の人生のみゃんみゃんバイブル♥にしていただきたい。

80年代の元気な女の子パワー全開だみゃん
みゃんみゃん

ダメっ子ユカちゃん
評価:
さとう しんまる
小学館
(1983-07)
コメント:80年代の「少年サンデー」が放ったガーリィギャグミサイル!!!2012年の今こそ読み返したい、異色の最強4コマ漫画である☆全員買うべし!!!みゃんみゃん!!!


「あさりちゃん」みたいな女の子になりたいよ★

昨年、コミックス100巻を以て終了することが明らかになり
全国のアサリストを落胆させた、
昭和を代表する
国民的名作ガールズギャグ漫画の金字塔、「あさりちゃん」

桜貝小はじまって以来の優等生だが、
外面ばかりよくて中身は凶暴な姉★




趣味は貯金

食べることとマンガが大好きな、
ぐうたらで肥満児の妹★




通称「桜貝小学校の野獣」

こんな
無軌道な姉妹がいるという家庭の境遇があまりにも似通っていて、
ゆかしなにとって初期「あさりちゃん」
いまだに精神的な支柱となっている、大切なマスターピース。
色あせることがないです、永遠に。

あさりちゃんみたいに、
自分の欲望にひたすら貪欲で、
太陽みたいに天真爛漫な、明るい女の子になれたら…
いつまでもいつまでも
ゆかしなの憧れのイットガールなのであります

あさりちゃんのスピリットをいつも身に着けていたいと思って購入したのが
こちらのガーリッシュな腕時計



昔よく売っていた、ストライプのナイロンベルトの時計です。
ピンクの文字盤がso キュート


「あさりちゃん」第3巻の表紙がモチーフと思われる、鼓笛隊の扮装。
アニメ絵です。
あさりちゃんに似ている犬もいます笑
懐かしい〜☆


♪それでもあさりはきょうも行く〜♪

たとえ「あさりちゃん」に「終わり」の時が来ても
「あさりちゃん」を愛する気持ちに終わりは来ません
大人も子供も、男の人も女の人も、うれしい人もかなしい人も、
みんなに初期の「あさりちゃん」をもう一度読んでほしい
カバンにはいつも「あさりちゃん」のコミックス。
あたいは、そんな女の子になりたいよ。

そうそう!
「あさりちゃん」の腕時計はデチョンパもありますね。
あさちゃんみたいな、
「理由も理屈もいらない」カワユイ女の子になれるように
おまじないのつもりで、身に着けたいと思います


【ゆかしな記者が華麗にレポートした、あさりちゃんの過去記事】
日本最強のスカタン・ガール「あさりちゃん」
あ〜きれったあの子はあさりちゃん♪
さっぱり、さえないフリしても♪
理由も理屈もいらない子♪

チャパリータASARI★

80年代「ちゃお」最強伝説☆「あんこ♡愛に恋!」(1984)

女霊能師に監禁されていたため、
お久しぶりの更新になってしまいました〜
モックンに家賃払わなきゃ
チャオゆかしなです☆

今日は少女まんがのお話。
80年代の「ちゃお」は、
それはもう「不遇の時代」だったといってよいでしょう。
「なかよし」、「りぼん」の少女漫画雑誌の二枚看板が
つねにクラスの女子の話題の中心となっていたのに
第3の存在だった「ちゃお」は、
今一つ華やかさに欠けていたのです、
連載陣も付録も。
でも、ゆかしなはそんな「ちゃお」がどゎ〜い好きでした
地味だけど、マイペースで、独自の路線を貫く「ちゃお」を愛していたのです。
80年代「ちゃお」を語るうえで、絶対に外すことのできない作家さんがいます。
その名は
「80’Sちゃおが誇るラブコメ班の天才肌」
「フラワーコミックスの爆笑女王」こと
聖鈴子(ひじりりんご)先生です

感動できる少女漫画は数あれど、
爆笑できる少女漫画って、そんなにありません。

ゆかしな的には
「西のあーみん(岡田)、東の鈴子!!」と位置付けているほど
畏敬の念を抱きつづけている、
伝説のマンガ家さんなのであります

聖鈴子先生
1958年、熊本県生まれ。
1979年「白雪姫になりたいの」(「ちゃお」増刊号)にてデビュー。
その後、代表作となる「名探偵江戸川乱子」(1982)
「孫子がいちばん!」(1983)など
少女漫画とギャグマンガのハイブリッド作品を次々に発表されます。
マンガの端々から鈴子先生のおちゃめなお人柄がにじみ出てくるような感じで
大好きです。

本日ご紹介する「あんこ♡愛に恋!」は、
鈴子先生の1984年の作品。

P1060867.JPG
「あんこは恋多きルンルンおとめ。数多い失恋にもめげず、イイ男をさがし続けるハリキリギャルなのです。そんなあんこの家の隣に、引っ越してきたサッカー少年、克巳くん。にくったらしいヤツだけど、なぜか気になっちゃう存在なのダ。おもわず爆笑、聖鈴子のグフフコメディー!!」(コミックスの解説より抜粋)

ステレオタイプなラブストーリーではない、
かといって、ただの凡庸なギャグ漫画の枠には決しておさまらない
鈴子先生にしか描けない、唯一無二の
「スーパーりんごちっくコメディー」(コミックス解説より)
なのです
主人公が人間味あふれる、喜怒哀楽のはげしい、
ノリのいいちょっとブスな女の子っていうところも
親近感がわいて、好きだった〜
P1060870.JPG
主人公の秋野あんこw
怒ってるww

P1060872.JPG
鈴子先生のマンガのコマに
ところどころに出てくる、シラけたウサギがツボ

P1060871.JPG
ウサギだけでなく、モグラもネコも出てきますww

P1060873.JPG
あんこはとにかくアグレッシブでバイオンレンスで単純で、痛快なのれす

P1060874.JPG
シリアスなシーンにもウサギがww

P1060875.JPG
ちゃあーんと、ハラハラドキドキできる、ラブコメなのです♡

P1060876.JPG
裏表紙は克巳君
1巻(左)には先生のサインもあります。見えるかな??

残念ながら「あんこ♡愛に恋!」はすでに絶版で超入手困難ですが、
鈴子先生の代表作であり、
「80年代ちゃおっ子」たちが
当時腹がよじれるほど笑った「名探偵江戸川乱子」
ネット上でダウンロードできます
「江戸川乱子」は
迷探偵の江戸川乱子先生と弟子の金田一平助がつぎつぎに難事件に挑む?!
痛快爆笑コメディー
ゆかしなもんも、連載当時とてもハマってました〜☆
有料ですが、
鈴子先生の貴重な作品が読めるまたとない機会
なので
ぜひダウンロードしてみてくださいね

販売ページへのリンクは、下のイラストをクリック
鈴子先生の子育て漫画「実録ダメママ物語」も読めます(こちらは無料





おまけ
鈴子先生による、貴重な「ちゃお」のふろくシール
正統派あり、ギャグありの鈴子先生の神髄が
こんな小さなシールにも表れていて、ファンとしてはうれしくなってしまいます。
ゆかしなの宝物です
P1060868.JPG

ちゃおっ子おばさん ゆかしなもん

学年誌的ジェンダーフリー少女漫画♡「ちゃお!ユキとケイ」(1979)

みなさん、こんにちは。
貴女の心の隙間をお埋めします、
喪黒ゆかしなです
ド〜〜ン

本日の「ゆかしな名作まんが劇場」では
まるやま佳先生
「ちゃお!ユキとケイ」全2巻
(1980年、てんとう虫コミックス刊)をレコメンドしちゃう
1979年に「小学四年生」にて連載スタート。

P1070304.JPG

「転校生のユキとケイはうりふたつの双子です。
でも不思議なことに、スポーツ万能で活発なユキが女の子。
そして、手芸と料理が得意なやさしいケイが男の子なのです。
このせいで、二人の行く所、みんな混乱大騒動。
新しい学校で、ユキとケイは初恋時代に突入しました。
まずケイに、強子ちゃんという、
たくましくてすてきなガールフレンドができました。
そしてユキも初恋を…」
というのが、あらすじ。

P1070306.JPG

P1070307.JPG

ユキとケイは
時と場合に応じてお互いの立場を瞬時に入れ替え、
学校中に大混乱を招きます。
女の子なのに男らしい自分、
男の子なのに女らしい自分に悩みながらも
ひたすら明るく、困難を乗り越えてゆくたくましさ

少女漫画に「双子もの」の名作は数あれど、
これは日本初(なのか!?)
「ジェンダーフリー♥取りかえばや少女漫画」
なのでありました

作者のまるやま先生は
「男の子だから、女の子だからって、分けるのをあまり好きではない」
とコメントされています。

女の子がジーンズを履いたって、いいじゃない
男の子がお料理好きでも、いいじゃない

今でこそそんなこと当たり前ですが
まだまだ保守的だった1980年代に
「こうあるべき」という男女の性役割から解放されようよ、
という強いメッセージが込められていたのですね〜

男とか女とか関係なく、自分らしさを大切にして、
自信を持って、好きな人には真っ直ぐに「好き」と言う
ユキとケイに教わった、大切な恋愛哲学です。

まるやま先生の
爽やかで元気いっぱいの、明るい絵柄は見ていて楽しい
デビューは「別冊マーガレット」だそうですが、
やっぱり学年誌にぴったりですよね
80年代学年誌少女漫画班最後の正統派。
画力が高いから、
シリアスなシーンも、ギャグも、緩急自在
お手のものです。
これぞ、学年誌少女漫画班の鑑!!!

P1070309.JPG

コミックスだけの特別措置だと思うが
漫画の合間に、
まるやま先生によるミニコーナーがあって
それもすごく楽しいの〜
ガールズ必見
P1070312.JPG

ほかにも先生からのいろんなメッセージが端々に書かれていて
読者のガールズへのハンパない思いやりが伝わってくる。
先生のハートフルなお人柄のよさを感じずにはいられません。

そうそう、
ユキとケイは物語のラストで
またまた引っ越しすることになってしまいます。
もし貴女の学校に
ユキとケイが転校してきたら、
きっと仲良くしてあげてね

ちゃお〜

ユカとシナ

りおと遼太郎になれる!!「月の夜 星の朝」クロスペンダント♡

1980年代。
ローティーン女児必携のマンガ雑誌「りぼん」において
あの恋ちゃま(池野恋先生)の
「ときめきトゥナイト」と人気を二分していたのが、
恵子タン(本田恵子先生)の
「月の夜 星の朝」
(連載期間1983〜1985年)でした。

ゆかしなも当時、毎号欠かさず読んでいたわけだが、
生まれながらの超美少女であり、
育ちもよく、文武両道、
誰からも愛される完璧すぎるヒロイン・梁川りおに対し、
勉強ダメ、運動ダメな豚少女ヒロイン・ゆかしなもんのギザギザハートには
ひたすら「りおへの嫉妬心」しか芽生えなかったのは無理もないわな〜
ええ、ただの劣等感です。

今更ながら、約30年ぶりに作品を読み直してみると、
懐かしい気持ちがあふれる!!
りおと遼太郎のもどかしい「運命の恋」を軸に
次々に現れまくる、強力な恋のライバルとか、
遼太郎の複雑な家庭環境、
華やかな芸能界のエピソード、
部活(バスケ、しかも全国レベル!!)のスポ根的ストーリィとか
親友との涙の友情物語とか
少女漫画の王道をひた走る、ごった煮の激動ドラマに
あらためてイライラ&ニヤニヤしながら熱中してしまう。

りおは、やっぱりいつでも素直でひたむきで純粋なりおでした。
そして、3年にもおよぶ長期連載の中で、
しっかりと美しく、精神的にも強く成長していくんですよ!!!
80年代「りぼん」を代表するヒロインは、こうでねーと
「月の夜 星の朝」は、
「りぼん」読者となったゆかしなが人生で最初に出会った、
「恋愛の教科書」でした。

恵子タンのインタビューはコチラ

こちらは
りおと遼太郎が中学時代に運命の再会を果たしたとき
お互いで持つことになり
その後2人の想いをつなぐ大切なお守りとなった
「クロスのペアペンダント」(1985、全サ)
P1070274.JPG

作品の中にも、本当に何度も象徴的に出てきます。
P1070279.JPG
あの2人が実際に持っていたものだと思うと(実際は違うけど)
興奮してしまうわ〜〜

P1070275.JPG
大きい方には「月の夜 星の朝」というロゴと
「RIBON」の刻印が入ってる
それぞれに
月のマークと星のマークの刻印が!!

P1070278.JPG
重ねると「十字架」になる、昭和的ギミック!!!
でも当時はこのペア感がたまらなくドリーミィだったんですね。

街でこれを着けているゆかしなをもし見かけたら、
「あれ??もしかして…りおちゃん??」
と声を掛けてください。
満面の不気味な「りおスマイル★」
全力でお返しすることをお約束します。

ゆかと遼太郎

「あのマンガがスゴかった!大賞2011」発表〜☆


ハーイ、まりちゃん。
東京生まれ、マンガ大学育ちのゆかしなもんです☆

昔から、
勉強が死ぬほど大っ嫌いで、マンガばっかり読んでいたアテクシが、
その年でもっとも面白かった絶版少女漫画に贈る、
「あのマンガがスゴかった!大賞2011」
今年は、
ホテル大使館グループ「おしゃれ貴族」特設会場にて
授賞式&レセプションパーティーが盛大に執り行われます(うそ)。

絶版少女漫画界注目の受賞作、
いよいよ発表です

ドルルルルルルルルルr(ドラムロール)、デデン★

岩谷ノリエ先生
「元気印あげるねッ」
(1988年初版、講談社フレンドコミックス)


に決定いたしました〜パチパチパチ〜

P1070025.JPG

この作品は
発売当時にコミックスを買って、
すご〜く大好きになり、その後コミックスを紛失したものの
23年間ず〜っと忘れることのできなかった作品です。
さらに言うなら
ゆかしなの恋愛観が5%ぐらい影響を受けた、
記念碑的作品
でもあるのだ!

P1070026.JPG

表題作の「元気印あげるねッ」のほか
「夢っぽいな」、「蒼いお茶をどうぞ」、「淡色モデラート」、「ステディ」の全5作品をコンパイル。
全作、短編の読み切りなのだが、捨て作品いっさいナシ!!!
全部、胸キュン度がパネエ。
もちろん、全作品ゆかしなの大好物、学園ものです!

P1070027.JPG

あのマンガのスゴかったところ その1
主人公の心理描写が非常に繊細で、リアルすぎ!!!

主人公はすべて普通の女の子(もしくは男の子)。
片思いの恋に悩み、傷つく様子が信じられないほど繊細。
思春期の少女は、ガラスのハートを持っているんです。
そして
主人公のモノローグや、女の子同士の会話がリアルな口語体で、カワイイのだ。
ネームも、全部一字一句かみしめたくなるほど、ガーリィでポエムみたい。
ときどき珠玉の名言が混じっていたり

あのマンガのスゴかったところ その2
ベタなハッピーエンドになどしない!!!

ハッピーエンドの物語も、ベタベタで終わらせない。
「ハッピーエンド」の「兆し」程度で終わらせるという非常に思わせぶりなエンディング。
それどころか、
ハッピーエンドではないパターンの作品が、さらによい。
こんな刹那いビターなエンディングがあっていいのかよえ!?
とワナワナさせる、見事な演出(とくに「ステディ」は必読☆

あのマンガのスゴかったところ その3
唯一無二の絵柄!!

漫画家としては、もしかしたら絵が上手ではない部類に入るでしょう。
ただ、明らかに70年代の絵柄ではないし、
80年代だからこそ生まれた、新しい独自の絵柄。
登場キャラクターのファッションや髪形も、
80年代後半からのバンドブームにもろ影響を受けていて、
パンキッシュでポップ★でよい。
また、スクリーントーンスタンプをやたら多用しているのも
「のりたま」らしい特徴。

P1070028.JPG

と、この作品の魅力を語りだしたらキリがないのであるが、
とにかく「のりたま」の巧みなストーリーテリングによって
あたいら恋に恋する読者たちは、
まんまと疑似的に片思い&友情のドラマのドツボにハマり、
読みながら息も絶え絶えになっていくのであった…。
70年代に築き上げられた、
おとめちっくリリカル路線の、これぞまさに進化系。
今こそ、
この、ネオおとめちっくリリカル少女漫画を再評価するべきである
と声を大にして叫ぼう

ゆかしな移動図書館が貴女の街を訪れたら
ぜひ読んでみて
もしくは、古書店でぜひぜひゲットしてみてネ!

マンガ喫茶ゆかしな 北千住店





















評価:


岩谷 ノリエ


講談社






コメント:ゆかしな超強力プッシュ★ストーリーも絵柄も80年代的な、ネオおとめちっく少女漫画だ!!!






















クリスマス系リリカル少女まんがの金字塔☆「初恋初雪」(1978)

 もうすぐ、クリスマスですねえ〜

さて、きょうは
クリスマスといえばコレという
とっておきの絶版少女漫画をご紹介します。

「昭和的ガーリー文化研究所」指定課題図書、
「初恋初雪」(1978)

P1060998.JPG

「週マのメルヘン番長★」こと
桂むつみ先生(むつみタン)の
少女漫画史に残る名作。

こんなに可愛くて、哀しいメルヘンを、
ゆかしなは見たことがない


及川やよい、河原崎すみ、小林あさぎ
の仲良し3人組は
中学校を卒業したら、
別々の道に進むことが決まっていた。
そこで、
3人がいつも道草をしていた
「COFFEE HOUSE おとぎのくに」で
5年後のクリスマス・イヴに再会する約束を交わす。

「5年たてば あたしたちはもう はたち
まだまだ子どもかしら それとも…
恋のひとつでもしてステキなおとなになってるかもネー」

5年後のクリスマス・イヴ、
久しぶりに再会した3人は
それぞれの素敵な初恋のお話を語り始めるー

シャーロック・ホームズおたくのやよいは、
本の忘れ物を届けてくれた大学の先輩との恋のお話を。
P1060999.JPG

スミたんは、予備校のときに出会った
ケン玉好きの風変わりな家庭教師との恋のお話を
語ったのだった。
P1070001.JPG

そして、
主人公・あさぎは、
女子高1年生のときに出会った恋について、うれしそうに語り始める。
お相手は、隣の高校の、ワインカラーのセーターが似合う男の子。
P1070002.JPG

いつも隣の校舎から一方的に彼を見つめるだけだった初恋。
それが、まるでいたずらのような1通の「紙飛行機」がきっかけで、
一生忘れられないほどの、刹那い恋が始まってしまったのだったー。

見どころは
おとめちっくの王道♥をひた走る、むつみタンの神がかった筆致。
女の子の表情、動き、セリフ(言葉遣い)、ファッションにいたるまで
純情可憐な70年代おとめちっく少女たちの、
これぞステレオタイプという、最強最愛のヒロイン像
泣いたり、笑ったり、落ちこんだり、すっ転んだり、あわてたり、走ったり。
「女の子」っていうのはなんと忙しくて、
なんと可愛らしい生き物なんだろう、と思わせる

そして、
むつみタンの世界観を印象付ける街並み、建物、部屋、ペットなどの背景の
なんと細密で、ラブリーなことか
こんなめるへんちっくな街に住んで、
こんなカワイイ喫茶店でおしゃべりして
こんなファンシーなお部屋で物思いに耽りたい
という、ゆかしなもんが思い描く
70年代の理想郷が、そこにはあるのだ。

ただ絵が巧いとか、カワイイだけでは、目の肥えた読者は納得しない。
たとえば。
上質な演劇や映画を観ているとき
ときにうっとりするような瞬間、泣きたくなるような瞬間が訪れることがあるが
まさにそれが「世界観に入り込めた」瞬間なのだと思う。
この「初恋初雪」にも、
まるで
優れた映画のようなドラマチックなシーン、表情、そして間合い、空気感がある。
むつみタンの紡ぎだす3人の女の子のオムニバスムービーに、
読者は猛烈に引き込まれていくのです。
桂むつみ先生はやはり、週マの至宝だわね

女子全員、必読のこと

P1070003.JPG

ゆかしな

貴女もなれる!!憧れの少女まんが家に!!!

今日はお天気もなんとか回復したので
「鬼子母神通り みちくさ市」に出掛けてきました。

P1060599.JPG

今回も、素敵な古本がいっぱいあって、とっても楽しかったナ
そこで運命的に出会ってしまったのが、こちらの本。

P1060635.JPG

入門チャンピオンコース
「あなたもなれる!少女まんが家入門」
(学研、昭和57年初版)。

腐れ小学30年生こと、ゆかしなちゃんは、
ずっとずっと昔、
まだ小学1〜4年生のころ
「まんが家」になることを夢見ていた時期があった。
自分でオリジナルのまんがを描いていたし、
学校で「まんがクラブ」にも所属していた(とってもネクラなゆかしなちゃん)。

「まんが家」の先生って、
絵も綺麗だし、ドラマチックな物語まで紡ぎだせるなんて、
マジ天才〜〜
って、ずっと尊敬していたのです。
学校のセンセや政治家なんかより
「まんが家」の方がずっとずっと凄いんだ!!って。
当時のリリカル乙女たちからファンレターがバンバン届くような
「少女まんが家」という存在が、
70〜80年代のティーン少女にとって、憧れの職業のひとつだったことは
間違いありません。

きょう、この本を手にして
あの頃の「夢」を思い出して、胸が熱くなってしまった〜

本の内容は…
竹宮恵子先生、白沢冬香先生、前原滋子先生、
青池保子先生、いがらしゆみこ先生、里中満智子先生、高階良子先生(順不同)
「神セブン」が、
キャラクターの描き方、テーマの作り方、ストーリー漫画の作り方、タイトルページの描き方
などを誌上レクチャーしてくださるほか、
各々の仕事場の様子や、ペット、息抜きの趣味、
まんが家のファンクラブ情報など
「ええっ!?アラ〜、そんなことまで!?」
というところまで赤裸々にリポートされており
さすが「学習と科学」を地で行く、なかなかの学研クオリティとなっているのだ。

P1060636.JPG
こちらが「神セブン」の先生方。
青池先生は顔出しNG。

P1060640.JPG
高階良子先生による「かき文字」のレクチャーw
「かき文字」も絵の一部だということで
先生自ら描き込んでいらっしゃるとのことです。
さすが、オカルト・ホラー・ミステリー界の重鎮!!素晴らしい神技


P1060639.JPG
ドラマティカル少女まんがといえば、里中満智子先生。
先生直伝の「ドラマチックな場面のかき方」。

P1060637.JPG
「ジョージィ」はTVアニメにもなったが、
コミックにおけるSEXシーンに、
当時ゆかしなの目がテンになったものである。

P1060641.JPG
ファンにとってはお楽しみ。口絵カラーの作品紹介ページ。
尋常じゃないレベルの超美麗イラストが続く。

とくに
どうやって一人の幼い少女が一念発起して、プロのまんが家を目指すにいたったか…
という先生方の生い立ちについては興味深くて、
大御所といわれる先生方の少女時代、新人時代のエピソードは
まんが家を目指すわたしたち予備軍(アンダーガールズ)にとっては
とても参考&励みになります

同ジャンルの「少女まんが家HOW TO本」といえば
こちらのコロタン文庫「少女まんが全百科」(小学館)
が、まさに金字塔と言えるかもしれません。

P1060634.JPG
昭和54年初版、
ゆかしなが所有している昭和60年のものでなんと14版という
少女まんが家予備軍マストの時空を超えた聖書
(バイブル)ともいえる名著。

内容から比較すれば、正直
「学研」版より「小学館」版のがヤバい、アツい、間違いない
というほど充実しています。

構成&執筆は「COM」出身のもとやま礼子先生。
もとやま先生による誌上講義はとても熱心で丁寧です。

その他執筆は
小形啓子先生、岸裕子先生、小室しげ子先生、鈴木真理子先生、たちいりハルコ先生…
という豪華メンツ

その他にもだよ、
飛鳥幸子先生、ありさか邦先生、市川みさ子先生、井上恵美子先生、上原きみこ先生、大島弓子先生、岡本ゆり先生、風間宏子先生、金井信子先生、川原由美子先生、樹村みのり先生、河野やす子先生、鈴賀レニ先生、高橋亮子先生、竹宮恵子先生、名香智子先生、萩尾望都先生、ひだのぶこ先生、牧野和子先生、松本るい先生、まるやま佳先生、吉田秋生先生(五十音順)

という、小学館の栄えある少女まんが史に燦然と輝く神作家たちが全面協力。
こうやって名前を列挙しているだけでも
まるでお経を写経しているような厳かな気持になるわっ
「少女まんが」は70〜80年代の
極めて幸福な時代を経て、今に至っているわけなんですね。
ほかにも
上原きみこ先生の伝記、「パンクポンク」の作品解説なども読めたりするので
満足感がパネエ本です


じゃあ、根本的にまんが家に向いてる女の子って、どんな子??
という話になると…

P1060638.JPG
(学研版より)

「まんが家になるための条件」は、学研版によると
1:徹夜に強い
2:体力と気力
3:何にでも興味を持つ
4:粗食に耐える
5:いつでも夢を…

というハングリーそのものな条件になっています。
プロのまんが家になるまでも大変だけれど、なったらなったで、
相当ハードなんですね

「少女まんが全百科」(小学館)のインタビューのなかでも
鈴賀レニ先生にいたっては、
「まんが家になりたい人へのアドバイス」として
「早死にを覚悟すること」と答えておられます。

でもこれはある意味、真実なのかもしれません。
それでも
「まんが家」になりたい
という強い確かな意志を持った貴女だけが、
全国の女の子に夢を与えることのできる、
Gペンの魔術師になれる、のでしょう。

クリスチーネゆかしな


少女漫画界の泉重千代!!「なかよし」の至宝「わんころべえ」

少女漫画界の長期連載作品って、
何があるだろう?と調べてみたのである。

誰もが知っている
「ガラスの仮面」(美内すずえ先生)が、1976年連載開始。
細川智栄子先生の「王家の紋章」も、同じく1976年〜。
「パタリロ」(魔夜峰央先生)と「あさりちゃん」(室山まゆみ先生)が1978年〜。

どの作品も大御所すぎて頭が上がりませんが、
実はあまり知られていないのだが、
「なかよし」1976年1月号から連載がはじまった
「わんころべえ」(あべゆりこ先生)
が、
日本一長く連載している少女漫画ナンバー1
だったのら!!

「わんころべえ」のコミックスは
過去になぜかKCから
たったの4冊しか刊行されていないため
扱いが地味なのであるが
1976年〜2011年現在にいたるまで、
ずっとずっと連載を続けておられるという
まさに少女漫画界の泉重千代★的存在なのであった。

(参考画像)

故・泉重千代さん
(江戸時代生まれで120歳まで生きた。
と言っているが、本当はウソだったという説もある。大のプロレスファン)


なぜコミックスの続きが出ていないのかは知る由もないが
名門少女漫画誌「なかよし」を陰となり日向となり
長きにわたって支え続けてきた名作メルヘンなのですから、
いつか「全集」という形で「どでーん!!」と100巻ぐらい出してくれなきゃ、
新旧「わんころべえ」狂が許さないって★

以下、意識して集めてないので少ないのですが…
うちにあった「わんころべえ」グッズです。

こちらが、一番最初に出たコミックス。
P1060545.JPG
続刊するつもりがないのか、
通巻の表示がありませんがまぎれもなく第1巻です。

P1060546.JPG
裏側。最愛のGF、しめちゃんと♡

P1060547.JPG
イラストレーターとしてデビューした名残からか
右側に「yuriko Abe」のサインが。

P1060549.JPG
1976年、連載初期のふろく。
「なかよし」のふろくといえば「わんころべえ」と言っても過言ではないほど、
「なかよし」のアイコン的存在であった。

P1060550.JPG
裏側。小さなビニール製のケースです。

P1060551.JPG
ふろくのステッカー。

P1060552.JPG
これも初期かな??
ふろくのレターパッド。
あべゆりこ先生は本当に絵が巧いので、
細かい部分の描写や色遣いがとても綺麗です。

P1060553.JPG
レターパッドの中身。70年代テイスト全開。

P1060554.JPG
わんころとしめちゃんの2ショット。
ラブラブです

P1060555.JPG
わんころべえ単独のシリーズ本も出されました。
こちらは1989年発刊「たのしいお料理作りのひみつ」。

P1060556.JPG
中の表紙。
わんころべえたちが、アイディアいっぱいのパーティー料理を
楽しくレクチャーしてくれるという内容。


こちらは、1982年発刊「かわいい小物手芸」。
「なかよし」から派生した、ホビーレクチャーブックです。
見づらいけど、
レース柄の透明カバーがかけられていて、乙女ちっく〜!
表紙イラストはあべゆりこ先生です。

この中にももちろん

「わんころべえ」と「しめちゃん」のマスコットの作り方が載っています。
※ちなみに、周りに載っているのは
しぃちゃま(たかなし♡しずえ先生)の「ほほえみZOOミング」、
いがらしゆみこ先生の「ころんでポックル」。

珍しいかな??と思うのは
70〜80年代「なかよし」を代表する、
2大わんころコミックの双璧
「わんころべえ」&「おはよう!スパンク」のコラボアイテム。

P1060548.JPG
スパンクとわんころべえがミトンのような形になって、手にはめられます。
ボールに面テープのようなものが付いていて、
それを投げ合ってミトンでキャッチする、という遊び道具のようです。
ふろくなのか、商品なのか、プレゼント品なのか詳細不明!
ご存知の方、ぜひ教えてください。

あべ先生、
これからもお元気で御活躍くださいっ

ゆんころべえ☆



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

うちのタマ知りませんか?30周年☆

うちのタマ知りませんか?

点取り占い

点取り占いブログパーツ

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

りぼん RE-BORN [DVD]
りぼん RE-BORN [DVD] (JUGEMレビュー »)

ゆかしなフェイバリットムービー☆夏の日の少女。神社。そしてOSAMU GOODS。

links

profile

書いた記事数:533 最後に更新した日:2015/04/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM