「ゆかしな所長のふろくわんだぁ〜らんど☆」更新!!

おはようございます
ブギウギようち園年長組・ゆかしなです

「サイゾーウーマン」で連載中の
「ゆかしな所長のふろくわんだぁ〜らんど☆」
更新されました

今回のテーマは
「お正月特大号」にかける
「りぼん」の気合、それが「カレンダー」だった!!


たとえばこんなものが載ってます

1979年「りぼん」お正月特大号
「りぼん」カレンダーより小椋冬美てんてーのイラスト
色使いが好きすぎて死ぬる

「りぼん」の小椋てんてーのふろくは、
超超超可愛いものばかりでヤバいの〜
おまけで、冬美タンのかわゆいダイアリー(1983年)も載せているので、
ぜひチェックしてみてネ
可愛すぎて悶絶するよ

少女まんが付録は、
女の子全員の思い出の欠片(かけら)。
そのひとつひとつが、
私たちがキラキラ
ときめきながら生きてきた「証」なのです

赤座ゆかはる


やっぱりこの2人が最強だろ! ランゼ&ヨーコ♡

おはようスタジオ
今日は「ゆかしな3分武露愚」ということで
超のつく小ネタです。
ゆるちてネ……

相変わらず
「少女まんがふろくLOVEな日々を送っていますが、
やっぱり自分が「りぼん」を愛読していた時代のものは
とくにとくに、思い入れがあるよネ〜
というわけで
ゆかしなが小学生のときに
超愛用していた紙袋がこちら

P1000279.JPG
「りぼん」1985年2月号ふろく
池野恋の「ランゼ&ヨーコ フレンドリーバッグ」


紙もの主流のふろくのなかでも、
紙袋って、「使える」アイテムのひとつでした。
これはビビッドな色使いで可愛いし、
コーティングされてて、作りもしっかりしてる。
今から28年も前のふろくだということに、驚いちゃう

相変わらずな「激突」を繰り広げる
ランゼと神谷さんwwが笑いを誘います
このふたりのドタバタコンビ、いいよねw
この時代の恋ちゃまの超美麗イラストも好きなんだけど、
こんなデフォルメなイラストもまた、
可愛くて大好きだった〜

P1000280.JPG
裏側
祝・神谷曜子さん勝利w

ゆかしなは神谷さんが大好きなので、
またヨーコふろくをご紹介できればと思います

ゆかしな

バレンタイン目前♡ ゆかしな指定図書「つたえられたら素敵」(1985)

早いもので、もう2月です
2月といえば、バレンタインだよね!

バレンタインといえば……
ゆかしなにはどうしても忘れられない少女まんが作品があるのだ
「なかよし」(講談社)に掲載された
高杉菜穂子先生「つたえられたら素敵」(1985年)
である。

P1000270.JPG
「なかよし」昭和60年2月〜3月号掲載

じつはゆかしなは
高杉菜穂子先生の大ファン。
高杉先生は
小学校6年生から投稿を始めて、
1981年に「なかよしデラックス」でデビューしたのが
なんと中学3年生のとき
その後も
高校生らしいピュアでリアルな感性とかわゆい絵柄で、
ティーンの女の子の支持を集める。

P1000275.JPG
高杉作品に出てくる
「どきどきどきどきどきどきどき…」描写。
熟女作家には描けまい!!

「りぼん」(集英社)の「星の瞳のシルエット」に対抗して(?)
1987年に連載が開始された「指輪物語」は長期連載となり、
80年代後期の看板作家として「なかよし」を支えたのでした。

今回紹介する「つたえられたら素敵」は当時コミックスで持っていて、
何度も何度も何度も読み返した、ゆかしな思い出の1冊

P1000274.JPG

【あらすじ】
ゆきこちゃんは、クラスでもめだたないおとなしい女の子。
同じクラスの甲斐くんのことが好きなんだけど、
元生徒会長の甲斐くんと元書記の鳴海さんはクラス公認のカップルだった。
気持を伝えられないまま、卒業の日が近づいてきて……


倉原ゆきこは
クラスメイトにも下の名前(ゆきこ)を覚えられていないほど地味。
やさしい性格なので
人知れず花瓶の水を替えたり、
いつの間にか掃除を押しつけられたりするような存在。
一方、
憧れの甲斐くんと仲の良い鳴海有紀子は美人で秀才で華があり、
甲斐くんからは「有紀子」と、下の名前で呼ばれている公認の仲……

P1000278.JPG
登場シーンのほとんどに
薔薇をしょって出てくる、いけ好かない女・鳴海有紀子


この救いのないクラス内カースト
少女まんが史上最高レベルの地味&内気ヒロイン
に、私は感情移入せざるを得なかったのである、
元「非・リア充中学生」として……


ゆきこたちは中学3年生で、舞台は2月なので
受験、バレンタイン、卒業
という
「中3
・思春期トリプル不安イベントを控えていた。
経験した人なら分かると思うけど、
この時期のソワソワ感、焦燥感と言ったら、ないよね

中学生生活最後のバレンタイン、
ゆきこは勇気を出してチョコレートを手作りする。
でも、
鳴海有紀子が甲斐くんのために
豪華な手作りチョコレートケーキを用意していることを知り、
劣等感から、甲斐くんにチョコレートを渡すことができない。

「告白なんて、可能性のある人がすることだよ……」
(倉原ゆきこ)


P1000272.JPG

そして受験直前、
甲斐くんが交通事故に遭ってしまう。
勉強に忙しいという理由でクラスメイトたちがお見舞いに行かないなか
ゆきこだけは、
毎日、手紙とスイートピーの花を、
甲斐くんの病室の前にそっと置いていくのだった……
「ゆきこ」という女の子からだと看護師さんから聞いた甲斐くんは
手紙と花の贈り主を「鳴海有紀子」だと勘違いしてしまう。
そう、ゆきこはあまりにも地味すぎて
甲斐くんに下の名前を憶えらえれてなかったのである。
ドイヒー(酷い)

こんな絶望的な状態から、
ゆきこはどうやって甲斐くんに想いを伝えるのでしょう
そして、渡せなかったチョコレートの行方は……
ふたりの「YUKIKO」の想いが交錯する

最後は
学校カースト最下層の女子全員がむせび泣く、
感動の卒業式シーンが待っています

素敵やん

大人になって読み返してみると
リア充の権化だと思われた宿敵・鳴海有紀子も
同じように
恋する女の子の悩める想いが描かれていて、とても切なかったりする。

たとえ可能性がなくても、
最後まであきらめずに頑張ることが大事。
頑張らなかったら、後には後悔が残るだけだもん。
そんなことを、この作品から学びました。


印象的なラストシーンで
作者の高杉先生がBGMに指定しているのが
松本伊代ちゃんの「流れ星が好き」(1984年)
これ聴きながら読むと、よけいに泣けるのよね
尾崎亜美「流れ星が好き」

バレンタインに告白する女の子、
がんばろうぜ

P1000271.JPG

ちゃめっこCLUB入会希望 ゆかしな
評価:
高杉 菜穂子
講談社
(1985-07-03)
コメント:高杉菜穂子先生の作品は、女の子のモノローグがとにかく可愛い。黒髪おかっぱのスーパー地味ヒロイン・ゆきこの成長にご注目ください☆これは「非・リア充」の逆襲物語である!!!!


2013年の年賀状〜☆

こんにちは☆
毎年恒例となりました、
ゆかしな年賀状は、
いくつもの候補のなかから、迷いに迷いました。

昨年は「サイゾーウーマン」さんで
少女マンガ付録の連載も始めさせていただいたので、
それにちなんで
70年代「りぼん」のふろくから選んでみたよ

大好きな「キノコ♡キノコ」(「りぼん」)です!
マッシュ、ルーム、スミカちゃん、キッコちゃんが
世界の民族衣装を着ているよ〜


(クリックで拡大します)

読者のみなさまにとって、
楽しい1年になりますように

あらためまして、
今年も
「昭和的ガーリー文化研究所」を
どうぞよろしくお願いいたします


ゆかしな

「あのマンガが凄かった大賞2012」発表〜

こんにちは、
ゆかしなもんです
今年も残すところ今日だけになっちゃった、ヤベ〜

そして、ようやく
今年もっともおもしろかった絶版少女マンガに(勝手に)贈る
「あのマンガが凄かった!大賞 2012」
のグランプリ作品を、
誰も待っていないだろうが、ついに発表いたします

今年もホテル大使館グループ
「ときめき貴族 犬山店」特設会場にて
授賞式&レセプションパーティーを執り行います
(もうこの前置き、来年からやめるわww)

今年はマイナー作品からメジャー作品にいたるまで
非常に選考を迷ってしまい、
ギリギリまで会議が紛糾していましたが、
最後は結局
「この作家を爆推したいッツ!!
という原点に立ち返って、
こちらの作品に決定しました

ドルルルルルルルルルルル(ドラムロール)
デデン
相模なつき先生・作
「笑ってよ」
(1992年初版・集英社マーガレットコミックス)

でございます

P1110215.JPG
相模なつき先生、おめでとうございます

80年代〜90年代にかけて
神作家の神作品しか載ってなかったことでおなじみの
「別マ(別冊マーガレット)」ですが、
相模先生はそのなかでも、
どちらかというと地味な作家さん、だったかもしれません。

しかし、である。
その個性的で繊細な絵柄
心にキュンとくるリリカルなストーリー
ロメンティックな作風

まさに唯一無二であり、
クソ片田舎のクソダサ女子高生ゆかしなに
「好き、トキメキとキス」
を教えてくれた、大切な作家さんなのである。

こちらのコミックスには
「笑ってよ」(「デラックスマーガレット」・1991年5月号)
「光合成の心得」(「デラックスマーガレット」・1991年9月号)
「シルエット」(「別冊マーガレット」・1991年11月号)
の3作品が収録されています。

表題作「笑ってよ」のあらすじ

「高校生の月帆は、
死んだお姉ちゃん(小夜ねえ)の恋人だった良郎が好き。
良郎は
小夜ねえが死んでから
本当の笑顔を見せていない。
月帆はあの頃の笑顔を思い出してほしい一心で
姉の形見の香水をつけるが……」


「光合成の心得」のあらすじ
「夏休みの間だけ、友人のイトコでイラストレーターの高杉仁志の
アシスタント兼観葉植物の世話係をすることになった零。
他人と深くかかわろうとせず、住む場所を転々とする
孤独でどこか影のある仁志に、零はどんどん惹かれていくが、
夏休みの終わりが近づいていき……」


「シルエット」のあらすじ
「13歳の浅葱(あさぎ)は、
引っ越した先の海辺の家に居ついていた
永遠の13歳、天使のセイちゃんと仲良くなった。
転校先の学校のクラスになじめない浅葱は
セイちゃんと
「ずっと一緒にいようね」と約束するのだった。
クラスで唯一浅葱を気にかけてくれる田鍋くんに見守られながら
徐々にクラスで打ち解けてゆく浅葱。
セイちゃんとの夢のように楽しい日々が
永遠には続けられないと悟る……」


相模作品のココが凄え! その1
恋愛ストーリーだけではなくて
女の子の心の成長が描かれているところに感動する。
久しぶりに読み返して、3作品とも泣いてしまったわ
不器用でひたむきな女の子、万歳


P1110218.JPG

相模作品のココが凄え! その2
登場する男の子に
どこか影があったり、孤独な匂いがしてカッコいい〜
惚れてまうやろ〜
相模先生ご本人も、ご自身のブログで
「暗い感じの人が好き」と述べておられましたし
このコミックスのなかでも
「家族とのつながりが弱い人が好き」と書かれています。
ゆかしなの好みのタイプも、
やはり他人とはどこか違う、
自分の「孤」の世界を持っている人だから……かな?
(あ、そんなこと誰も聞いてないですネ)


P1110216.JPG

P1110217.JPG

相模作品の
ココが凄え! その3
言葉がキレイ

作品のタイトルもステキだし、
主人公のセリフやモノローグなどに
ハッとさせられる詩的な名言が散りばめられてる
一字一句、かみしめながら読んでほしい。
「あたしの夏を盗んだ人―(『光合成の心得』)」
「彼女はまた ソーダ水の味の魔法の薬をくれるだろうか(『シルエット』)


相模作品のココが凄え! その
絵がとにかく繊細でキレイ
線が細くて、女の子の髪の毛とか綿菓子みたいにふわっふわだし
学校の描写とか雨の描写とか植物の描写とか、
まるでその匂いまでも感じるかのような独特の雰囲気がある。
ひとつの映像作品を観ているかのような体験。


P1110219.JPG
70年代「りぼん」にも通じるような
おとめティックな画風
先生の書き文字も繊細でカワイイのだ


……などなど、
ほかにも相模作品の魅力は語り尽くせませんが、
その他のコミックスも本当に素敵なので
「90’Sマーガレット軍団の秘密兵器」
こと、相模なつき先生の作品を知らない方には
ぜひぜひ手に取っていただきたいです。

そして
ここまで根気強く読んでくれた人だけに耳より情報〜
すでに絶版で入手しづらい「笑ってよ」ですが、
なんと
研究所所有の貴重な1冊を読者プレゼントいたします

「読んでみたい」という猛者は
下記アドレスまでふるってご応募ください。
※ご応募は2013年1月6日(日)までとさせていただきます。

ゆかしなメールアドレス
kirakiraboshi_ageru★yahoo.co.jp
(★を@に変えてネ)
・ご住所(〒も忘れずに…)
・氏名
・年齢
・ゆかしなへの不満、怒り、憎しみ、恨み節などのメッセージがあれば

※いただいた個人情報は今後、
イベントのお知らせなどのDM送付に利用するかもしれませんが
その他の目的には使用いたしません
※応募多数の場合は抽選とさせていただきま〜す
老若男女問わず、ご応募お待ちしておりマス

ゆかしなもん

ガーリー♡クリスマスふろく 〜おはよう!スパンク編〜


サイゾーウーマンさんで連載中の
「ゆかしな所長のふろくわんだぁ〜らんど☆」でも
「りぼん」のきゃわわクリスマスふろくをアップしましたが、
こちらでも少しだけ(少しでごめん)……

ゆかしな所長最愛の作品、
「おはよう!スパンク」のクリスマスカード
帽子がかわゆいね

P1110211.JPG
「なかよし」1981年12月号ふろく(推定)

スパンクとピッパーの仲良し2人組(?)が
おめかししてパーティーの真っ最中

P1110212.JPG
表面
「切手をはってね♡」
この何気ない「♡」にこそ、
「なかよし」のきゃわゆさ至上主義
が表れているような気がしてならない。


P1110213.JPG
「なかよし」1979年12月号ふろく
「スパンクのラブリーギフトボックス

か、かわええ……(デレデレ)
スパンクたんが靴下のなかに入っています。
小さなクリスマスモチーフが散りばめられているのもかわいい。
これ70年代のふろくって、マジかよ!?

P1110214.JPG
愛ちゃんとスパンクは、とってもなかよし
しいちゃま(たかなし♡しずえ先生)の原画、
可愛すぎてヤバイです

いよいよ明日はクリスマスイブか〜……
寒くなりそうだよね。
研究員のみなさま、
どうぞ楽しいクリスマスをお過ごしください。

ゆかしな所長


「おまコミ」の忘れえぬ名作「くまちゃんのクリスマス」(1987)を読め!!

もうすぐクリスマスですネ〜

思い起こせば、昨年のクリスマス。
「週マ」を代表するリリカル少女まんがの金字塔
桂むつみ先生の「初恋初雪」(1978)をご紹介しましたが
とくになんの反響もありませんでした

だからといって
クリスマス系名作少女まんがレコメンドを
辞めるつもりは毛頭ありません

2012年、
ゆかしなイチオシの
クリスマス少女まんがはコチラだ


P1110205.JPG
「くまちゃんのクリスマス」(1988年)
(阿部ゆたか先生・実業之日本社刊)

P1110206.JPG

いつか「昭和的ガーリー文化研究所」でご紹介したいと、
ずっとずっと思いつづけてきた思い出の作品

「くまちゃんシリーズ」は
あの「My Birthday」から派生した
「おまじないコミック」(通称:おまコミ)
に、断続的に掲載された、リリカルファンタジー。

P1110204.JPG
「読むだけで恋がかなうふしぎコミック」
それが「おまコミ」(1986年〜1993年)
くれぐれも
「おまコミ」「おまコミ」と街で連呼しないように。
おじさんたちが振り返ってしまいます。


「くまちゃんシリーズ」のあらすじ
「くまちゃんは本当はぬいぐるみのくまだけど、
離れ離れになってしまったお母さんを捜すために、
人間の男の子になって旅を続けています。
旅先での出会い、くまちゃんの大活躍、
そしてママの行方は?」(コミックス解説より)


P1110209.JPG
主人公のくまちゃん(ぬいぐるみ状態)

離れ離れになってしまったママも、
もちろんくまのぬいぐるみです。
このコミックスにはシリーズ4作が収録されています。

主人公のくまちゃん(くまおくん)がとにかく可愛くて、
「おまコミ」でも超人気シリーズでした。
コミックスの中には
たにぐち智子先生、湖東美朋先生
による、くまちゃん応援コメントも載っていて、

「おまコミ」&くまちゃんファンには
涙モノの1冊です


P1110210.JPG
「くまちゃんのクリスマス」は、
「おまコミ」1986年12月号に掲載


【あらすじ】
転校を間近に控えた鎌田美紀は
バスケ部の大塚先輩に片思い。
大塚先輩には、いつも一緒にいる公認の恋人のような存在がいる。
「最後のクリスマスイブを、大塚先輩と過ごしたい!」
という夢をかなえるため、
必死に靴下を編み続ける美紀が、
ある時、くまちゃんと出会う……


好きな先輩にすでにステディな恋人がいる
っていう境遇に、まず猛烈なシンパシーを感じる。
そこであきらめてしまうか、
「好き」という気持ちを伝えるべく行動するか。
それが運命の分かれ道だよね。
(ゆかしなのくせに恋愛を語るなよw)

主人公の美紀は
「イブを一緒に過ごしてほしい」と書いたクリスマスカードを
ついに大塚先輩に渡せなかった。
でも、
くまちゃんが機転を利かせて
大塚先輩に渡してくれてたのだ。
くまちゃん、デキる子

くまちゃん
自分のお母さんに会いたいという願いごとよりも、
美紀の願いをかなえてくれるように神様にお願いするくだりは
涙なしでは読めません
P1110208.JPG

純粋で真っ直ぐなくまちゃんに励まされて、
美紀が最後の勇気をふり絞る。
クリスマスの奇跡を信じて……

くまちゃんシリーズに出てくる女の子は、
どこか不器用だったり、素直になれない子ばかり。
でもどこかのタイミングで、
勇気を出して頑張らなきゃ、人生は変えられないんだよね。
そんなことを、くまちゃんに教えてもらった気がします。

作者の阿部ゆたか先生(男性)は「なかよし」「キャロル」など
講談社の雑誌でもご活躍されていましたね
あとホラー漫画雑誌「ハロウィン」とか

ちなみに、
このコミックスでは、作中のモブシーンを
池沢理美先生、藤臣柊子先生、
きたがわ翔先生、くさのあきひろ先生

が手掛けているのも楽しい〜(豪華!!)

さて、ここで朗報です。
この「くまちゃんのクリスマス」、
そして続編「くまちゃんをアンコール」
のMB神コミックス2冊が、無料配信されています。
全ページ、無料で読めるとは、
すごい時代になったもんだよね〜

くまちゃんシリーズ

「くまちゃんをアンコール」の方にも
クリスマスの素敵なお話が載っているので、
ぜひぜひ読んでみてね☆

ちなみに、ゆかしなは
パソコンの操作がおぼつかないのと、
MBコミックスの表紙の裏におまじないが載ってる
のが好きだから、
しつこくMBコミックスを集める派です

P1110207.JPG

おまコミっ子 ゆかしな

「まるごとあさりちゃん」読んだ??

先月発売になった
「まるごとあさりちゃん」(小学館)、
アサリストの貴女なら、もう読んだよね??

P1100212.JPG
「あさりちゃん」こそが
勉強嫌い、ぐうたら、マンガ大好き、お菓子大好きの
ゆかしなの永遠の精神的支柱であることは
つねづねこの武露愚でも語ってきましたが、
この本はなかなかに凄くて、

P1100213.JPG
過去の全コミックスのカバー一覧があったり

P1100214.JPG
なつかしの「あさりちゃん」グッズコレクションのグラビアも
34年前の連載時から現在までにつくられた
お宝アイテムがいっぱい
クッション、ペンケース、アルミカップ、ぬりえ……
ヤバイ、全部欲しい〜
各学年誌や「ぴょんぴょん」などの少女漫画雑誌に登場した
名作ふろくの数々も見られます〜

この本には
新作描き下ろしが140ページ掲載されているということも凄いけど、
ゆかしな的には
単行本未収録
「幻の連載第1話」が掲載されていることにカンゲキ〜

P1100215.JPG
「小学二年生」1978年8月号掲載★
「大きなおめめに小さなひとみ
あさりはかわいい女の子!」
今より少しだけ髪が長くて、
下まつげがキュートなあさりちゃん

マボロシの第1回連載の内容は、
夏休みの作文を書こうにも、
どこにも行ってないのでいっこうに書けず、
悶々とするあさりちゃん。
「どこかに連れてって〜」とママ(さんご)に懇願するのだが、、、
というストーリー。

第1回にしてすでに、
天衣無縫でぐうたらで欲望に忠実なw
「あさりちゃん」のエッセンスが色濃く出てる
少し髪の長いタタミちゃんも、ちゃんと出てきますww
(姉妹のバトルは、まだない)

「まるごとあさりちゃん」勝手に発売記念ということで、
ゆかしな研究所の「あさりちゃん」グッズを、いくつかご紹介〜

P1100216.JPG
koba☆校長から寄贈された、
まさにアニメ放映当時の下敷き〜
「スーパーギャルASARI」バージョンw
ネオンカラーの色使いがカワユスです〜

P1100217.JPG
裏側
いろんなあさりちゃんに混じって、タタミちゃん

P1100219.JPG
こちらは「ぴょんぴょん」特製のおまじないハンカチ。
Twitterでお知り合いになったJungさんから寄贈していただきました
アリガトウゴザイマス

P1100220.JPG
こちらもkoba☆校長から寄贈された
レターセット
あさりちゃんがバレリーナに
ビビッドなカラーリングが美しい〜

P1100221.JPG
便箋はうさぎとかめに扮した浜野姉妹w
こんなレターセットでおてまみもらったら
うれしいよね

P1100218.JPG
パトラ社製
アニメ絵の「あさりちゃん」のアルミ製バッジ〜
おしゃまな表情がカワユイね

P1100222.JPG
ゆかしなもんの自宅リビングでガチで使用しているゴミ箱〜
コミックス3巻の鼓笛隊イラストがキービジュアル
このイラストに毎日癒されています

P1100223.JPG
裏側
ママ、タタミ、あさりちゃん
浜野家女3人、最強〜
いわし(父)は蚊帳の外…

また「あさりちゃん」グッズを入手したら
アップしたいと思います

【参考】
ゆかしな所長による、過去の「あさりちゃん」記事もチェックしてね〜
「あさりちゃん」みたいな女の子になりたいよ★
日本最強のスカタン・ガール「あさりちゃん」
あ〜きれったあの子はあさりちゃん♪
さっぱり、さえないフリしても♪
理由も理屈もいらない子♪

チャパリータASARI
評価:
小学館
¥ 480
コメント:「あさりちゃん」の幻の連載第1回が読める☆懐かしの「あさりちゃん」グッズも懐かし〜!!!初期のイラストのが可愛いから好きだな〜☆


江藤蘭世生誕祭☆伝説の「りぼん特別編集『ときめきトゥナイト』特集号」

ハッピーバースデー、蘭世ちゃん

今日7月27日
われら縮毛少女たちの永遠の憧れ、
「ときめきトゥナイト」の美髪美少女最愛ヒロイン、
江藤蘭世ちゅわんの誕生日です

今日の記事は
全国200万人の元・りぼん乙女に捧げたい
蘭世生誕記念(勝手に)として
アニメ化したときに特別号として出版された
「りぼん特別編集ときめきトゥナイト TVアニメ化特集号」
を紹介しちゃうよ、真壁くん
これ、持っていた人いっぱいいたはず
なつかしすぎて、ちびる

P1090690.JPG
1982年11月10日発売

P1090691.JPG
巻頭には「ランゼのときめき占いシール」
シールの裏に占いが載っています。
この少女漫画ふろくの王道パターンがうれしい

P1090692.JPG
なつかしの懸賞グッズ
デザインがどれも世界レベルできゃわゆいっ
これを神グッズと言わずしてなんと言う
トレーナー着たいわ〜

P1090693.JPG
特大アニメポスターカレンダー
ナイス・キューティクル・ランゼ

P1090694.JPG
「主題歌をいちばん先におぼえちゃおう!」
古田喜昭先生のアニメ史上に残る名曲をみんなで口ずさもう
アニメの登場人物紹介もアリ

P1090695.JPG
え!?
ぺ、ペック!?
なんか違くないかwww

鈴世の紹介が
「ランゼのおとうと かわゆい」
っていうのが、カワユイ

P1090696.JPG
全ストーリー一挙掲載(262ページ)がメイン。

P1090698.JPG
ついに出た
「蘭世バッグ応募者全員大サービス」
りぼんマスコットコミックスがぴったり入る
再販売したら1億個は売れる

P1090699.JPG
恋ちゃま(池野恋先生)のお部屋初公開&インタビュー

P1090700.JPG
表3の「りぼん」広告
TVアニメ化でアゲアゲ状態
「ときめきトゥナイト」は巻頭カラー48ページというド級の扱い

P1090701.JPG
特集号2巻
1983年2月28日発売


P1090702.JPG
巻頭には
「ランゼのカラフル占いシール」

P1090703.JPG
またも神懸賞グッズ
「ときめきトゥナイティー」
これも大人女子版作ったら、
5万着は売れるんじゃないかなw

P1090704.JPG
「ランゼの腕時計」も欲しいなァァ〜

P1090705.JPG
特別ふろく「ランゼの特大イラストピンナップ」
ゆる〜く三つ編みしているのを、
貴女はお気づきか!?

「舌ペロッ
って、
カワイイ子しか許されない禁アクション
間違っても、ゆかしなはできないキモイとか言われる

P1090706.JPG
「ランゼ 1983スプリングカレンダー」
神谷さんwwwwww

P1090708.JPG
総集編第2弾 215ページ一挙掲載
うっ、美しい〜

P1090709.JPG
この雑誌を買った当時も少し疑問に思っていたんだけど
2巻の巻末に、唐突に
坂東江利子先生のドタバタ・アクションコメディ
「スーパー・スペシャル・インスタントヒーロー」が載ってる。
なぜなんだろう??

蘭世ちゅわんは、やっぱりカワユイですね〜
当時の狂熱ぶりがビンビン伝わる、伝説の特集号でした

※PS:武露愚にコメントや、応援メールくださっているみなさま、
ありがとうございます
かならずお返事しますので少しお時間ください〜
これからもご意見やご感想お待ちしております


江藤豚世(エトウトンゼ)

ちゃおっ子集まれ!!聖鈴子先生の神ふろく降臨☆

パラリン リリカル パラポラ マジカル〜
こんにちは、マジカルユカです

「りぼん」にシッポ振るような記事ばっかり書きやがって、
ゆかしなのやつ、「ちゃおっ子魂(スピリット)」を忘れたのかよ!?
とお思いのアータ。
忘れてなどいるものか
永遠のマイノリティーこと、80年代「ちゃおっ子」のみんな、
お待たせしました〜ッ

今日は、
きっと当時の「ちゃおっ子」なら、全員が大好きな
「ちゃお」の爆笑女王こと
聖鈴子先生のふろくを2点アップしちゃう
鈴子先生の作品は本当にオモロイので、
一部コレクターの間ではすでに伝説の域

※聖鈴子先生についての過去記事はコチラ
80年代「ちゃお」最強伝説☆「あんこ♡愛に恋!」(1984)

鈴子先生のふろくはほとんど市場に出てこないので
レア中のレアです
まずはこちらのバッグを…

P1090181.JPG
1983年「ちゃお」8月号ふろく
「バケーションバッグ」


当時連載していた
「孫子がいちばん!」(1983)のイラストです。
貴重すぎて、ユカスコ世界遺産候補に推薦
ちゃーんと、防水素材になってます。

P1090182.JPG
鈴子先生の作品には必ず登場する
モグラがここにもwww

P1090183.JPG
裏面のイラスト
鈴子先生、相変わらず、ブラックジョークが過ぎますww
もう大好き

つづいては
1982年「ちゃお」1月号ふろく
聖鈴子先生の代表作ともいえる
「名探偵江戸川乱子」(1982)「名探偵トランプ」

P1090178.JPG

P1090180.JPG
パッケージ裏面

鈴子先生のキュートかつファンシーなイラストが楽しい
鈴子作品ではモグラ以上におなじみの
シラけたうさぎがいるの、わかりますか??ww

トランプには、
J、Q、Kとジョーカーに描きおろしのイラストがついています

P1090175.JPG
こちらが表面(共通イラスト)
乱子先生と金田一平助の、おなじみの決めポーズ
丸型トランプっていうのも、珍しいよね!?

J、Q、Kの図柄は3コマ漫画?のようになっていて、
さすが鈴子先生!という見事なオチになってます


クラブ
P1090169.JPG
お花畑の平助くん

P1090170.JPG
鳥さんと戯れる乱子先生

P1090171.JPG
平助くん、乱子先生を捕獲w


ハート
P1090174.JPG
平助、カニにはさまれる

P1090173.JPG
乱子先生、セクシーです

P1090172.JPG
乱子先生、水着がwww

ダイヤ
P1090163.JPG
お約束で、国旗を持ったモグラがいますねw

P1090164.JPG
着ぐるみ乱子先生www

P1090165.JPG
焼きイモをほおばるw

スペード
P1090166.JPG
平助くんがあぶなっかしくスキー中
(HKとは「金田一平助」のイニシャルです)

P1090167.JPG
かっこよくすべる乱子先生

P1090168.JPG
煙草をふかしてソリに乗る乱子先生

各マークの季節が、
ちゃんと春夏秋冬になってたんですね〜

70〜80年代の少女漫画雑誌「なかよし」、「りぼん」でも、
トランプは人気のふろくでした。
当然、その雑誌を代表する人気作家しか、
トランプの絵師に選ばれませんでしたから、
鈴子先生の人気のすごさが分かるというもの

聖鈴子先生は、
80年代「ちゃおっ子」の誇りだよね

セーラー服通り ゆかしな


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

うちのタマ知りませんか?30周年☆

うちのタマ知りませんか?

点取り占い

点取り占いブログパーツ

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

りぼん RE-BORN [DVD]
りぼん RE-BORN [DVD] (JUGEMレビュー »)

ゆかしなフェイバリットムービー☆夏の日の少女。神社。そしてOSAMU GOODS。

links

profile

書いた記事数:533 最後に更新した日:2015/04/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM