「ふろくわんだぁ〜らんど☆」、最新記事アップ〜!!

ナツナツナツナツ、ココ夏〜、
アイアイアイアイ、「クラブ愛」

告知です。

サイゾーウーマンさんで連載中の
「ふろくわんだぁ〜らんど☆」
最新記事が更新されました〜

今回は
夏といえばプール、
プールといえば
「ドキッ! 丸ごとプールバッグだらけのふろく大会」
ドンドン、パフパフ〜おりも政夫)
ということで、
80年代のかわゆいサマーバッグ、プールバッグを
特集しています
え? ポロリ??
ねーよww


「今すぐスクール水着でプールに行きたい!
懐かしのサマーバッグまつり」


写真7.JPG

「りぼん」1984年8月号
「恵子タンのRIO&RYO サンサン・サマーバッグ」

紙ものふろくが多い中で
ビニール系のふろくが付くと
ちょっぴり豪華な気がしてうれしかったよね

ぜひチェックしてくんろ〜

「ポロリ要員」 ゆかしな

80年代「ちゃお」のふろく「マイラブコミックス」について今こそ語ろう

こんにちは
お久しぶりの更新になってしまって
すみま千里山咲〜

今回は
「ふろくわんだぁ〜らんど☆」には決して載せることのできない、
私だけがほくそ笑む
昭和後期「ちゃお」ネタ
をお送りします(シーン……)

かつて
昭和59年〜昭和62年ごろ、
「ちゃお」(小学館)において、
ほぼ毎月のように
「マイラブコミックス」というコミックスが
別冊ふろくとして付いてくる時期があった。

御三家筆頭であった「なかよし」「りぼん」が
毎月、手を替え品を替え豪華なふろくで攻勢をかけるなか、
「ちゃお」だけは悠然と
「マイラブコミックス」を出し続けていたのだ、ただひたすらに。

信じられないことに、
ふろくが「マイラブコミックス」1冊だけ
という月も、何度もあった。
ほかに、シールも、カセットレーベルも、レターセットも、
な〜んもなし。
コ ミ ッ ク ス 1 冊 だ け 

「りぼん」は「豪華●大ふろく」とかいうキラキラな謳い文句で
数も質も、それはそれは豪華だった。
ったくよ〜、「ちゃお」はバカか
そんなだからマイナーなんだよ、いつまでもよ〜

もっと付録がんばれよ〜
って、当時本当にボヤいてたよね
(「ちゃお」を愛するがゆえですw)。

P1010351.JPG

P1010352.JPG
「マイラブコミックス」の一部

惣領冬実先生、つづき春先生、野崎ふみこ先生、うえだ未知先生、
あらいきよこ先生、岡本ゆり先生、麻原いつみ先生、瑞原芽理先生
など(順不同)
当時の「ちゃお」人気を牽引していた看板作家の作品から
売出し中の新進作家の作品まで幅広く、
ジャンルもラブ、ホラー、ギャグ、ファミコン物など何でもアリの、
バラエティに富んだ内容。
筋金入りの「ちゃおっ子」のゆかしなでも、
ときどき
「誰やねん
とツッコみたくなるくらい無名の作家さんも描いていたりして、
「マイラブコミックス」の暴走ぶりに毎回ドキドキしてたわw

P1010353.JPG
「ちゃお」の至宝、あらいきよこ先生
「こしゃくな誘惑風」(1985年2月号)
「超ぶりっ子の留美ちゃん、BFの大輔もあきれて、
いとこの緑に接近中!!」

ヒロインの留美ちゃん(ぶりっ子で自信過剰)が可愛くて可愛くて、
今でも忘れられない作品のひとつ

こんなキュートなラブコメが載っていたかと思えば、
同じコミックスの後半に

P1010354.JPG
小学館系少女漫画界の重鎮、
島貴子先生「…そして3年」
「それぞれの心に傷を負い、偶然出会った亜矢と博。
再会を約束した二人は…」

70年代メロドラマ風の激シブ感動ストーリーが載っていたりして、
振り幅の広さスゲ〜って今にして思う。


そして、
ゆかしなが今日ここに、
ベストオブ「マイラブコミックス」を選出するよ
やはり、
岡本ゆり先生
「リリカルロマン 春国からの使者」
(1985年3月号)だと思うんだけど、
みんなの意見はどう??(知らねーよww)

P1010360.JPG
「不良少女・笑子と、高校の担任教師・南は
互いに惹かれあうものを感じた。
しかし、南は…」


不良少女と教師の恋っていう
最高に身悶えするシチュエーション。
これだけで飯が食えるぐらい、
当時恋に恋する小学生だった
「マセ餓鬼」ゆかしなの妄想はエスカレート。
南先生、素敵なんだもの〜

笑子と南センセの禁断の恋はついに、ついに〜ッ

P1010357.JPG
ひっ、ひっ、ひもパン〜ッ

(南)「オレはだめな教師だな
オレもお前にひかれてた」

(南)「どうしてかわからない
はじめて会った時から
気になってたんだ」

(笑子)「あたしもよ先生…」


で、で、で、(ゴクリ
ひもパンをアレしてだな、
P1010358.JPG
はぁぁぁあぁあああっつ、あああんんんん
むぁあああっ、ぬはぁあああんぬうふぅうう

(ゆかしなの脳内妄想セリフ)

P1010359.JPG
(笑子)「う…ん」
(笑子)「やだ……先生起きてたの」
(南)「笑子…」


この翌朝の「う…ん」ていう目覚めの寝言を言ってみたくて、
いろいろ妄想したよね??

岡本
「ニンジンぱせり」ゆり先生といえば
美麗な絵で、
正統派の少女漫画を描かれる作家さんでいらっしゃったので、
このシーンを観た時の
ゆかしなのオドロキそして興奮たるや、相当なものだった。
もちろん、
この「春国からの使者」はエロ漫画などではなく、
涙なしでは読めない、
切ない切ないラブストーリーなの……

「極道の妻たち」のセリフになぞらえるなら

「うちは極道先生に惚れたんやない。
惚れた男が、たまたま極道先生だったんや
(岩下志麻)


こういう運命の恋があってもいいやないの、
ということを教えてくれた、
「マイラブコミックス」の珠玉の名作でした

当時は
「本誌もまんがだらけなのに
ふろくまでコミックスなんて、つまんね〜」って
激おこプンプンしてたけど、
「おもしろい漫画」を届けるっていう使命に
ブレずに徹していた'80S「ちゃお」は
もしかしてカッコよかったのかも……と、今は思うよ

「マイラブコミックス」は
’80Sちゃおっ子の誇りです


セーラー服通り ゆかしな

「ふろくわんだぁ〜らんど」☆最新記事ア〜ップ!!!

「サイゾーウーマン」で連載中の
「ふろくわんだぁ〜らんど☆」の最新コラムがアップされました〜

今回は
「りぼん」「なかよし」の
夏の風物詩ふろく、
暑中見舞いのポストカードを集めてみたよ

貴女が持ってた、
懐かしのポストカードがあるかも

ずぇひ見てくださいね〜

(写真10).JPG

「りぼん」1984年8月号ふろく
「池野恋の暑中お見舞い絵ハガキセット」より

江藤ゆん世

ゆかしなの悲願達成!! ついに出会えた、幻の'80S書店ノベルティ☆

みんな、おはよう
「青春オーロラスピン!」、葉月ユカです

今回は
1982年(昭和57年)のお話だよ。
今から31年前まで、
時計の針をぐるぐるぐるぐる戻して……
クルクルバビンチョ パペッピポ
ヒヤヒヤドキンチョのモ〜グタン


ここに、
ゆかしな所長7歳の肖像画が残されている。
別に見たくないだろうが、見よ


ゆかちゃん 7才
'82年4月3日

(※クリックで拡大します。あ、必要ない??)

忘れもしねえ、
この日、後楽園ゆうえんちにて、
親の強い勧めにより、
似顔絵師に似顔絵を描いてもらったのだ。
自分の顔が嫌いだったのに……
しかも、
出来上がりがあまりにつのだじろう風味老け顔だったので、
ゆかしなは壮大なショックを受けたんである。

でも確かに、
こんな微妙な表情をたたえた、
目つきの悪いキツネ目の少女であったことは間違いない。

そんなキツネ目の少女は
当時、
漫画を読むことにひたすら熱中していた。

この似顔絵が描かれた同じ年、
毎週通っていた本屋さんで
衝撃の神ノベルティに出会うのである


(※クリックで拡大します)

集英社コミックスの書店販促品、
「ファンシー・ミニ・カード」(1982年)
である。

写真左上から右へ向かって
「青になれ!」(ぶ〜けコミックス・倉持知子先生)
「笑って!殿下」(マーガレットコミックス・星野めみ先生)
「伊賀野カバ丸」(
マーガレットコミックス・亜月裕先生)

写真左下から右へ向かって
「あるまいとせんめんき」(セブンティーンコミックス・しらいしあい先生)
「赤い天使」(りぼんマスコットコミックス・小椋冬美先生)
「Dr.スランプ」(ジャンプコミックス・鳥山明先生)

という6つの神作品の、
コミックス風パッケージ

集英社のコミックスを1冊買うと
もれなく1つもらえるという、
夢のようなキャンペーンだった。
もらったとき、
すっごいうれしくてうれしくてww


(※クリックで拡大します)
大きさの比較のために、
普通のコミックス(右側)と並べてみる。
このノベルティ(左)は、
(約)縦10×横6.5×厚さ1cmという
超ミニミニサイズなの〜


(※クリックで拡大します)
広げてみると
ちゃんと裏表紙もあって、
ほんとのコミックスみたい
それだけで、
当時のゆかしなは「ぐわァァァ〜ッって、
大興奮だった。


(※クリックで拡大します)
先ほどは撮影のために外したけど、
本当はこんな風に
厚手のビニールのカバーまで付いている、豪華仕様



(※クリックで拡大します)
ケースの内側(写真は「笑って!殿下」)も、
「作品かいせつ」とかそのまま載ってたりして、
リアリズム徹底追求してるからね
右側には、発売予定のコミックス情報が一堂に。

たとえば
「週マ」のドラマティック劇場こと
俺たちのひたか良先生による名作、
「裸足のスーパーギャル」
7巻(完結)が出るんだ、
買わなきゃ
とか、
新刊発売情報にいちいち
ドキドキワクワクしたもんだよね〜

さて、
肝心の「ファンシー・ミニ・カード」とは何か、というと

(※クリックで拡大します)
こんな感じで、
カードが20枚入っているのです(写真は「Dr.スランプ」)。
これは、全6種類とも中身は共通。



(※クリックで拡大します)
写真上が表、写真下が裏(以下、同じルール)。
つまり、
自己紹介に使う名刺カードなのだ。

こちらは「Dr.スランプ」のカード。
「ガッちゃんの遊び友だち」
とか、名乗りたいよな、マジで
クピプ〜(声・中野聖子)


(※クリックで拡大します)
「ぶ〜け」で連載された
倉持知子先生の「青になれ!」(1979年〜1981年)、
「愛のポイントゲッター」カード
シャレが通じる相手にしか渡せんw

ところで、
倉持知子先生がくらもちふさこ先生の妹だってこと、
当然知ってるよな??


(※クリックで拡大します)
「月刊セブンティーン」にて
連載された
しらいし「ばあじんおんど」あい先生の
「乱調同棲講座 あるまいとせんめんき」(1978年〜1980年)、
「愛の仕掛け人」カード

「セブンティーン」ってオトナな雑誌すぎて、
「マセガキ」で名を馳せたゆかしな所長も、
さすがに当時読んでなかったわ〜



(※クリックで拡大します)
われらが「りぼん」連載、
冬美タン(小椋冬美てんてー)の
「リップスティック・グラフィティ」(1981年〜1982年)、
街子と神子
「全国初心な人連盟」カード
「初心」と書いて「うぶ」と読む〜ッ


(※クリックで拡大します)
つ、つ、ついにキタ〜
ゆかしなのフェイバリット少女漫画、
星野めみ先生の「笑って!殿下」(1981年〜1982年)
「くるみちゃんの名付け親」カード
殿下、イケメンすぎる
めみタンの漫画は
笑えて、ホロリとさせてくれて大好きだった〜
めみタンの漫画が目当てで
「週マ」読んでたもんね


(※クリックで拡大します)
説明不要、
「別マ」の人気を牽引した、
亜月裕先生の「伊賀野カバ丸」(1979年〜1981年)、
「カバ丸流ジョーク名人」カード

裏面に
おなじみの「チャッのポーズが採用されてるのがうれしいw
カバ丸の漫画読むとき、
いまだにカバ丸のセリフを
中尾隆聖さんの声に脳内変換して読んでしまうよねw
(って、前も書いたかw)


以上の素敵すぎる6種類のカードが
1セットにすべて入っているわけだが、
アラレちんのカードが一番多めに入っていて、
当時の凄まじい人気ぶりを物語っている。


しおり、ポストカード、下敷き、カード型カレンダーなどなど、
数々の書店ノベルティに性的興奮を覚えてきた私であるが、
このコミックス風カードの存在が
ゆかしなのおぼろげな記憶の片隅にず〜っとあって、
いつか武露愚で書きたい〜ッ
と願っていたから、
ようやく夢がかないました

あまりに豪華でかわゆいノベルティに気が狂いそうになった、
遠い7歳のキラキラした思い出……
久しぶりに
ユカスコ世界遺産に登録したい、
「いい仕事」だわ


「次回もお楽しみにね……」

【告知です】

小学館presents

100巻目前!99巻発刊記念大人のための「あさりちゃん」ナイト

2013年7月27日(土)
お台場の「東京カルチャーカルチャー」
ギャグ漫画界の女王、
室山まゆみ先生が降臨

連載35年目に突入し、親子2代、3代にわたるファンを獲得している、ますます元気なギャグまんが「あさりちゃん」!
99巻の発売を記念して、『あさりちゃんナイト』を開催!!
お友達同士でも、お一人でも十分に楽しめるイベント『あさりちゃんナイト』!
アツい夜を、室山先生たちと一緒に過ごしましょう♪

【出演者】
・室山まゆみ先生(「あさりちゃん」作者)
【司会】
・三橋亮二(『小学二年生』編集部)
【前説】
・ゆかしなもん所長(昭和的ガーリー文化研究所)


前売チャージ券はイープラスにて絶賛発売中〜!!


金玉学院 伊賀野ユカ丸

絶対に申し込まなければならない全サが、そこにはある

ハ〜イ、チャバ

武露愚にコメントをくださった研究員のみなさま、
ありがとうございます
遅くなりましたが、
昨日までにコメントしていただいた方々に
お返事を書かせていただきました〜
お心当たりのある方はチェックしてみてネ
みなさんご存知のように、
こんな独り相撲の武露愚ですから、
みなさんからのコメントがあるとうれしいのです。
これからもお気軽に書き込んでね〜ッ(チャッ☆

さて今日は
久しぶりに、
80年代・思い出の全サ(全員サービス)
について書いてみる。

P1010193.JPG
「りぼん」(集英社)
1983年(昭和58年)4月特大号


このころは、
ゆかしながもっとも「りぼん」を敬愛していた時代。
ゆかしなちゃん御年8歳のころの話である。
表紙に並ぶ、豪華作家陣のお名前を朗読するだけで
少しチビっちゃうよね(尿漏れ?)


この1983年4月号と、次の5月号の連続応募企画だったのが、
あの歴史的名作全プレ、
「ランゼ・パース」である
お財布って、
どこか「大人なアイテム」な気がして
自分のお財布を持つこと自体に、すごく憧れてたな。

P1010189.JPG

これを初めて見た時の衝撃たるや、今も忘れられない。
ゆかしなの大好物、
デフォルメイラスト&総柄っていうのにまず
ギャーってなるし、
ラブリーなピンクに、イエローとブルーを小技的に効かせたデザインも秀逸
ビニールコーティングで、防汚性、はっ水性もカンペキや

P1010190.JPG
中面は
お札入れ×1、小銭入れ×1、フリーポケット×1という構造。
両側にも恋ちゃまのかわゆいイラストが入ってる〜

P1010192.JPG
小銭入れ部分のイラスト。
ランゼと神谷さんの恋のさやあてwww
神谷さんの洋服にYのイニシャルが入ってるのが笑えるww
そして
神々しい「RIBON」のクレジット入り

P1010191.JPG
フリーポケット側には
ランゼちゃんとペック〜
「ときめきトゥナイト
BY KOI IKENO」
の神ロゴ&神クレジットも
ぬかりなく入っておるぞ

P1010194.JPG
当時の掲載誌面より。
「表のワンサカプリント柄は、ランゼファミリーが楽しくせいぞろいよ〜ん。」
「表面は布にビニール加工だから、汚れにもつお〜いんだから!!」
(原文ママ)


「つおい=(強い)」
は、「アラレちゃん」語ですね。
誤植ではありません。

P1010195.JPG
全国の少女たちが鼻息荒く、
血眼で読んだ応募要項ページ
右下の「ペック」のクーポン券、覚えている人も多いのでは??

「『ランゼ・パース』がもらえるクーポン券は、
りぼん4月号・5月号にそれぞれつきます。
この2枚を集めておくってくださればよいのです」(原文ママ)


この静かかつ、穏やかなアオリ文が妙に怖え

このお財布がどうしても欲しくなった
われわれ「りぼニスト」は
まるで魔法にかかったかのように自動的にクーポンを切り取り、
「ママ〜ッ これ応募しといて〜
というセリフを吐くに至るのであった。
クラスのお友だちもみんな応募しているから、
うっかり申し込み忘れる、という失態は絶対に許されない。


『絶対に申し込まなければならない全サが
そこにはある。』



オイ、気が付くと、あれから30年も経ってるじゃねーかよ
あの頃、
全サ、全プレに熱狂していたすべての女の子たちに
この記事を捧げます
(捧げられても困るかww)


【告知です】

小学館presents

100巻目前!99巻発刊記念大人のための「あさりちゃん」ナイト

2013年7月27日(土)
お台場の「東京カルチャーカルチャー」
ギャグ漫画界の女王、
室山まゆみ先生が降臨

連載35年目に突入し、親子2代、3代にわたるファンを獲得している、ますます元気なギャグまんが「あさりちゃん」!
99巻の発売を記念して、『あさりちゃんナイト』を開催!!
お友達同士でも、お一人でも十分に楽しめるイベント『あさりちゃんナイト』!
アツい夜を、室山先生たちと一緒に過ごしましょう♪

【出演者】
・室山まゆみ先生(「あさりちゃん」作者)
【司会】
・三橋亮二(『小学二年生』編集部)
【前説】
・ゆかしなもん所長(昭和的ガーリー文化研究所)


前売チャージ券はイープラスにて絶賛発売中〜!!

神谷組 ゆかしなもん

伝説の正統派少女漫画家☆星ぽえ夢先生リターンズ!!!!

ちょっと古い話ですみません
ことしの3月に千歳烏山にある「喫茶宝石箱」さんで開催された
「宝石箱ちゃんまつり」
ゆかしな所長も参加させていただいたのですが、
そのとき
あの伝説の正統派少女漫画家
星ぽえ夢先生の敏腕アシスタントでいらっしゃる
みかのはらミキさんと樅乃木ともみさんがご来場されたのです
ゆかしな、大カンゲキ〜


星ぽえ夢先生は、
ともに昭和27年生まれの
星空とみえ先生夢野カツ代先生のお二人からなる、
コンビの漫画家。
昭和49年に
『雨ふる午後のハーイ! ダーリン』(「月刊少女スイーム」掲載)
にて華々しくデビュー
以降、
昭和50年には公式ファンクラブ発足、
昭和51年に『ロックなビートでつかまえて!』テレビアニメ放映開始、
昭和54年には代表作『ガラスの交響曲』が連載と同時進行でテレビアニメ放映開始、
同年、『ガラス〜』にて講英社漫画賞受賞、
昭和59年 星ぽえ夢作品累計一千万部突破、講英社社長より感謝状授与、、、
という輝かしい経歴を持つ、
少女漫画界の重鎮でいらっしゃるのです
(「星ぽえ夢大百科」掲載の「星ぽえ夢年表」より一部抜粋)


星ぽえ夢先生(以下、ぽえ夢ちゃま)といえば
今は亡き雑貨ショップ「宇宙百貨」にて
数々のエッジの利いた復刻少女漫画グッズが売られており、
2005年から東京で独り暮らしを始めたゆかしな所長は
ほぼ毎週のように、淋しい心の隙間を埋めるかのごとく、
「宇宙百貨・上野ABAB店」
に足繁く通っては、
ぽえ夢ちゃまグッズの新作リリースをチェックしていた……
っていう思い出があって、
不思議な御縁を感じずにはいられませんでした


アシスタントのみかのはらさん、樅乃木さんのご厚意に甘えて、
数々のぽえ夢ちゃまグッズを寄贈いただいたので
こちらでご紹介させていただきます

☆書籍☆

過去に少女漫画雑誌で連載されたぽえ夢ちゃまの作品を抜粋した、
エッセンシャル版

P1010131.JPG
「星ぽえ夢 けっさく集 1号」

P1010139.JPG
『ロックなビートでつかまえて!」&
『燃えろ! 銀のラケット』収録

P1010132.JPG
「星ぽえ夢 けっさく集 2号」

P1010140.JPG
『ミルフィーヌ!』(最終回)&
『ロックなビートでつかまえて!』収録

P1010133.JPG
「星ぽえ夢 けっさく集 3号」


『どっきんハートはノンストップ!』&
『ロックなビートでつかまえて!』収録

P1010134.JPG
『乙女入門シリーズ 星ぽえ夢大百科』
「ぽえ夢ちゃまのしられざるひみつを大こうかいよ!」

P1010136.JPG
「これを読めば、
ぽえ夢ちゃまのことがぜ〜んぶわかっちゃう!?」



P1010135.JPG
ぽえ夢ちゃまのデビュー秘話から
「月刊少女スイーム」第63回新人漫画大賞受賞作
『雨ふる午後のハーイ!ダーリン』掲載、
『ガラスの交響曲』テレビアニメ版コーナーなどなど、
ぽえ夢ファン垂涎のレア・アーカイブスになっているのだ〜
ムリにお願いして、
表紙にちゃっかり先生のサインをいただいちゃました、テヘ

つづいて……
☆「宇宙百貨」で販売されていた
ぽえ夢ちゃまグッズ☆


P1010125.JPG
メモ帳

P1010126.JPG
「そんな球で
あたくしをあざむけると思って!?」www

(ほかにも3柄アリ)

P1010128.JPG
「ぽえ夢ちゃまの
マナー&エチケット入門」

こちらもメモ帳です

P1010129.JPG
「こくはくの返事ははじらって
すてきな男の子からこうさいをもうしこまれたら、
すぐに返事をしてはだめ。
すこしはじらってうなずけば、
『なんてかわいらしい子なんだろう』と、
ますます彼はあなたにむちゅうになることうけあい」
(ほかに3柄アリ)

P1010130.JPG
アルバム
(『燃えろ! 銀のラケット』より)


ぽえ夢ちゃまの作品は、
女の子なら誰もが心をわしづかみにされる、
ロマンチックかつ激動すぎるストーリー展開と、
華やかな王道の絵柄が魅力
「けっさく集」では過去作品の一部のみの掲載になっているけど、
なんとかして全作品読みたいな〜ァ
講英社から「星ぽえ夢全集」が出る日を、
ファンの一人として心から待ち望んでいます。

そして、
これまで少し漫画家活動をセーブされていたぽえ夢ちゃまが、
最近ふたたびお仕事を再開されたという、
うれしいニュースが

キャ〜ン
ぽえ夢ちゃまの夢いっぱいのときめきイラストに
また出会えるんだね

ぽえ夢ちゃまの公式ブログにも
最新情報がアップされています。

公式ブログ
「ハーイ! ぽえ夢ちゃまよ!」

そしてそして
星ぽえ夢先生オフィシャルホームページ
「月刊星ぽえ夢」
も要チェックだよ〜

ぽえ夢先生、
今後も
少女漫画界・永遠の教祖として
若手漫画家をグサグサ刺激しつづける存在であってください
今後のますますのご活躍をお祈りしております

元インディーズ漫画家 つぶらなおこ(ゆかしな)

小倉&熊本バズーカ出張マル秘報告〜☆ その4

オッス、オラゆかしな
「小倉&熊本バズーカ出張☆マル秘報告」も
本日が最終回

楽しかった小倉を後にして、新幹線で熊本に向ったゆかしな。
移動の目的地は
菊池郡菊陽町(きくようまち)というところにある
「菊陽町図書館」
です

P1000689.JPG
JR熊本駅から、さらに在来線でガタンゴトン揺られること30分
「三里木(さんりぎ)」という駅で降ります。
バスはないので(タクシーはあります)、
駅から線路沿いの杉並木にそって
てくてく20分歩きます。

P1000692.JPG
途中で満開の桜を見に寄り道もしながら……
(っていうと聞こえはいいが、
本当は道に迷っていたww)


P1000693.JPG
立派な図書館にたどり着きました〜

こちらでは現在、
P1000727.JPG
「少女雑誌のふろく付録附録 大コレクション展」
という展示が開催されています(2013年5月6日まで)。

菊陽町図書館には
村崎修三さんが寄贈した明治・大正・昭和の
少女雑誌約2800冊が収蔵されています。
国会図書館よりも多い、日本一の蔵書数なのだって
村崎さんは図書館の臨時職員として、
少女雑誌の目録作り、研究などを続けていらっしゃいます。

※少女雑誌というのは明治35年(1902年)ごろに誕生し、
1965年ごろまで発行された、
10代のガールズ向けの雑誌。
漫画、小説、ポエム、ファッションなどの記事が掲載された、
「総合雑誌」なのだそうです


村崎さんはその昔、雑誌の挿絵画家を目指していて、
ご自分の勉強のために少女雑誌や少女漫画雑誌を集めていたことが
コレクションのきっかけだったとか。
展示されている付録は、
すべて村崎さんが集めたもの!!
付録は国会図書館には保管されないので、
とてもとても貴重です


今回は特別にご許可をいただいて
どんなものが展示されているか、
ほんの一部を撮影させていただき、取材してきました〜
(通常は館内・展示物ともに撮影厳禁です

明治37年から平成にかけて発行された少女雑誌のふろくが
約300点も展示されています。
P1000710.JPG
竹久夢二、中原淳一、松本かつぢ、それに鈴木悦郎……
当代きっての人気作家たちによる貴重な作品がたくさん
当時の少女たちの胸をキュンキュンときめかせた、
夢のある、かわいらしい挿絵のふろくがいっぱいです

歌の本、かるた、すごろく、着せ替え、詩集、手帖……
女の子の夢が、ぎゅうぎゅうに詰まってる

P1000702.JPG
鈴木悦郎先生のふろく。
少女らしい愛らしさ、夢のある色使い、
今見ても全然古くないの

P1000700.JPG
お・と・め・ち・っ・く

ゆかしなが
「キャー」と雄叫びを上げてしまったのが、
こちらの「幸福のベル」
明治から昭和初期にかけて発行されていた「少女世界」という雑誌の付録。
紙もの以外で、このような金属の鈴のふろくが付いていたなんて、
なんともおしゃれだと思いませんか??
P1000705.JPG

それに、それに、
P1000706.JPG
「宝石言葉つき 幸福の指輪(ラッキーリング)」
こちらも、本物の指輪がついているんです
嗚呼、なんて乙女なんでしょう。

ルビー(紅色):あなたをこころからお慕いしていますのよ。
琥珀(黄色):たとえ家が貧しくとも、私の心はこんなに豊かなの。
サファイア(青色):あなたの心は本当に気高いわ。

という、
「宝石言葉」にときめきまくってしまい、
思わず女学校の生徒になったような気分になってしまったんですのよ
とっても素敵じゃなくて??

P1000708.JPG
亜土たんのポスターもあったり

P1000694.JPG
やっぱり、
ゆかしな世代が「クーーーーーーーッとなるのは
昭和50年代以降の付録たちだよね
一条ゆかり先生、田淵由美子先生、陸奥A子先生、太刀掛秀子先生……
おなじみの大御所のふろくが見られます。

P1000698.JPG
まさか「ぎょぴちゃん」ふろくにまで出会えるとは思ってなかったw
村崎さん、収集の守備範囲が広いです

ふろくは世につれ、世はふろくにつれ……(付録の花道)

明治・大正・昭和という激動の時代を駆け抜けた乙女たちの
小さなハートをフルフルと震えさせた、ときめきふろくの数々。
物資不足で、決して豊かではない時もあったのに、
こんなに愛にあふれたふろくがたくさん生み出されていたということを知って、
なんだかうれしくなっちゃった

展示をゆっくり見たり、村崎さんの解説を聞きたい方は
事前に図書館に連絡をしてみてね
菊陽町図書館 電話:096−232−0404(代表)


2800冊あるという少女雑誌の中から、
ゆかしなも、いくつか閲覧させていただきました
昭和初期の雑誌って、とても分厚くて読み応えが十分。
ネットもTVもない時代の、
貴重な娯楽&情報源だったことが分かります。
雑誌に投稿している少女たちのペンネームが素朴でかわいかったり……www
当時の少女文化、すごくおもしろいので、
ぜひ、みなさんも閲覧してみてください〜

※「少女雑誌」所蔵リストはコチラ

そして、小倉の少女漫画展ですっかり
「熱狂的り煩悩(りぼん脳)」に切り替わっていた
「昭和りぼんのロボトミー少女」ゆかしなは、
閲覧リストにあった
「りぼん」(集英社)
1984年(昭和59年)12冊

の文字を見逃すはずがなかったwww

P1000712.JPGP1000713.JPGP1000714.JPGP1000715.JPG
P1000716.JPGP1000717.JPGP1000718.JPGP1000719.JPG
P1000720.JPGP1000721.JPGP1000722.JPGP1000723.JPG

見よ!!(スターどっきりマル秘報告のテロップ風に)
昭和59年の「りぼん」が12冊完全コンプリートの形で
孤独なタイムトラベラー・ゆかしなの訪れを待っていてくれたのだ

P1000724.JPG
積み上げて悦に入る

年間を通して読めるって、こんな幸せなことはないのよね
映画化決定でさらに盛り上がる初恋メモリー「月の夜 星の朝」、
萩岩先生といくロンドン取材旅行争奪「ポーの衣装デザインコンテスト」、
「りぼん」の看板だった「ときめきトゥナイト」の全プレ、
「ニューウェーブ」岡田あーみん先生の「お父さんは心配性」連載開始、
おとめちっくの神・陸奥A子先生による創刊29周年記念読み切り企画……
あの頃の「りぼん」胸アツムーブメント
1冊1冊を手に取るごとに、走馬灯のように蘇るのです
(死ぬんかいwwww)

時間があれば
一連の「マーガレット」(集英社)系列や
全冊そろっているという「リリカ」(サンリオ)を見たかったのだけど、
フライトの時間が差し迫っていたので
後ろ髪をグイグイ引かれながら図書館を後にしたのでした
(しくしく)

熊本にこのような
ガールズマガジンカルチャーの最重要スポットがあったなんて、
知らなかったよ〜
みなさんも、
ぜひぜひお出かけになってみてくださいね

次回から
武露愚は通常の内容に戻りま〜す
以上です、キャップ(三波伸介)

レポーター バズーカゆかしな

小倉&熊本バズーカ出張マル秘報告〜☆ その2

こんにちは
「昭和りぼんっ子残留兵」ゆかしなです(チャッ☆

「北九州市漫画ミュージアム」での
ゆかしなバズーカレポートつづきだよ
みんな、着いてきてる〜??(シーン

シンポジウム後半では
萩岩先生が漫画家になる前に描かれていたという極秘スケッチブックを拝見。
筋金入りの「りぼん少女」だった萩岩先生が
小学生のときに描いた漫画が
ほかでもない「キノコ・キノコ」だったことに感動
「キノコ・キノコ」の登場人物が出てくるオリジナルストーリーでした。
小学生とは思えない完成度、流石です……
つぶらなおこ、完敗wwww

その後、中学生のときに
別府ちづ子先生田淵由美子先生の絵を模写。
田淵先生の模写とか写真は撮れませんでしたが、もう、
「スゲ〜ッていうレベルでした。
完コピ

中学生にして、もう神がかり的にうまかったです。
才能が止まらない感じ
田淵先生の「木々」とか「植物」の描き方とか、
よく真似していたそうです。
その後は
くらもちふさこ先生に傾倒。
傾倒するあまり、くらもち先生の絵柄に似すぎてしまって、
くらもち先生のワンフーから
「カミソリ」が送られてきた
ことがあったとかwww
こえ〜
マッチファンが明菜にカミソリ送ったエピソード以来震えたわwww

萩岩先生はもともと保育士になりたかったぐらい子どもが好きで、
小さい女の子が描きたいと思っていたそうです。
「可愛いものの対極に、重たいもの、暗いエピソードを持ってくることで
その両方を引き立たせる」
ということを意識されていたのだとか。
確かに、
萩岩先生の作品を読み返すと、
可愛い部分、ほっこりする部分と、
ダークな重い部分の両方が描かれていたりするもんね。
光と闇というか、陰と陽というか。
なるほろ〜

そして、話は画材について。
紙の質感、ペンのノリ、色みなど手に取れるものがお好きだそうで、
「わたしは死ぬまでアナログ作家」
というお言葉に、
超のつくアナログ人間ゆかしなも、ついうれしくなりました。

近年は学習漫画も手がけられ
「マリア・フォン・トラップ物語」(2012)
で使われた背景の絵の
製作過程を教えていただいたりしました。
もう、漫画っていうか、絵画の域だった。
緻密で、リアルで、でもちゃんと萩岩先生のやさしいタッチで。。
息をのむような美しさでした(ゴクリ……。

萩岩先生の作品は
キャラクターの可愛らしさも特徴ですが
背景や植物、動物の描き込みがリアルで丁寧(全部ご自分で描かれるそうです)
背景はとくに気合を入れて描かれていたそうです。
すごいな〜

そ・し・て
今年6月には、先生初の絵本が出るそうです
もともと北九州市の男女共同参画センターの紙芝居コンテストで入賞された
「みかりんとたもちょ」
という作品があったのですが、
発行部数が少なくて、という幻の作品だったようです。
かつての「りぼん」編集者の方が現在絵本担当になられていて、
トントン拍子に絵本化のお話が進んだとのことでした。
本当、楽しみですね


高校生でデビューされて、
名作を次々に生み出し、
ますますパワフルに活躍の場を広げる萩岩先生、
素敵です、尊敬です
先生が持参された
「銀曜日〜」ほかの、当時の原画のファイルを見せていただいたりして
鳥肌が立ちました
一気に心が小学生のハナタレゆかしなに戻ったわwww

シンポジウム終了後は
プチサイン会のような形になって
萩岩先生のサインをいただくことができました。
(ちゃっかり者www)

P1000746.JPG
萩岩先生、ありがとうございます

シンポジウムの後は
企画展「少女漫画の世界展」の展示を見てまわりました。
萩岩てんてーの懐かしの作品の複製原画や
ふろく、懸賞グッズがいっぱい見られます
写真は撮れないから
心のフィルムに焼き付けろ

あと、同じく北九州市出身の
陸奥A子てんてーのコーナーもあって、
ゆかしなの頭の中ががすっかり「り煩悩(りぼん脳)」に……

それと、
「キャロル」(講談社)欠乏症だったから
文月今日子先生のコーナーでも相当動揺したよね〜

ゆかしな、終始
「かわいー!!!!すごい!!キレイ!!」
を連発してました。
写真が載せられなくて残念なのだけど、
ぜひ期間中(5月19日まで)に旅行がてら出かけてみてください。
萩岩先生のふろくは、
途中で陸奥先生のふろくに変わることもあるとか。

【出展作家一覧(五十音順、敬称略)】
 青池保子、篠塚ひろむ、すえのぶけいこ、関よしみ、瀧川イヴ、遠野一実、萩岩睦美、文月今日子、冬木るりか、前川涼、Maria、水野英子、陸奥A子、山口美由紀、山田圭子


豪華すぎて死にそうになる神メンツ
それぞれのお先生方のインタビューや生原稿、お仕事場の写真など
ほんとうに見ごたえがありました。
行ってよかった〜
しっかし、なぜこの北九州という地で局地的に
華々しく才能のある漫画家が
綺羅星のごとくたくさん生まれたのか?

足りない脳みそで必死で考えてたんだけど、答えは出ずwww

つづいて
ミュージアムショップで買ったおみやげを少しご紹介
P1000738.JPG
おなじみの衣装を身に着けた、ポー姫のトートバッグ
ゆかしなのような
薄汚い心の持ち主が使ってはいけないような気もするが……

P1000739.JPG
「リルフィー、見て見て〜

(参考画像)

1984年の「りぼん」書店用販促ポスターに突如載っていた
3Dバージョンのポー様
「スコット〜」

買い物の続きです
P1000743.JPG
懐かしの扉絵がポストカードに
彩色がとっても綺麗〜

P1000740.JPG
文月先生のポストカードも買いましたとも

P1000741.JPG
うちにあった「キャロル」のコミックス版表紙とおそろい〜

(おまけ画像)
P1000742.JPG
幻すぎる少女漫画雑誌「キャロル」のロゴマーク

あと、Twitterつながりでいつもお世話になっている
なるぞうさんが教えてくれた情報
小倉駅から空中回廊でつながっている
「AIM(アジアインポートマート)」という会議場みたいなところに
萩岩先生や文月先生の大きな壁画があるというので
観に行ってみたよ

(バズーカゆかしなは何にも下調べせずに行くから、
ほんとにみなさんの親切に助けられてます

まず萩岩睦美てんてーの壁画
P1000687.JPG
「だれかといっしょならもっとたのしい」
今にも動画みたいに動き出しそうな、元気いっぱいの楽しい絵〜

文月今日子てんてーの壁画
P1000684.JPG
「仲良し」
文月先生ワールド、やっ、優しすぎて泣ける〜

P1000686.JPG
松本零士先生の壁画もあったよ〜
ぜひ貴女も見つけてみてください

以上、駆け足でしたが
「北九州市漫画ミュージアム」のマル秘報告を終わります。

さぁーて次回は
ゆかしなといえば「おみやげソムリエ」、
「小倉のおみやげセレクション」をお送りしちゃいま〜す(予定)

ゆかしな所長

小倉&熊本バズーカ出張マル秘報告〜☆ その1

おはこんばんちは、ゆかしなです

先週のことですが、
ゆかしな所長、
小倉&熊本に弾丸バズーカ出張してきたぞ〜

近所のスーパーに出かけるのさえもおっくうな
尻の重いゆかしなが、
北九州まですっ飛んで行ったのには
ワケがあった

今回から数回にわたって出張報告しちゃうね
まずは「小倉編」

小倉に出かけようと思った目的は、
「北九州市漫画ミュージアム」で開催されている
企画展「少女漫画の世界展」を見るためでした。

5月19日まで開催しているので、
「GWあたりに行ければいいかー……」ぐらいに思っていたら、
Twitterで知り合った人形作家のyotecoちゃん(北九州市在住)が、

「ゆかしな所長、
3/24の萩岩睦美先生のシンポジウム、
来ないんですか??」

と声を掛けてくれたの

yotecoちゃんは
人形作家でもあり、
漫画ミュージアムでリアル・メーテルとして働いていたり
そのほかいろいろな顔を持つ
多才なクリエイターさん(しかも、超のつく美女)であります

萩岩てんてーのお話が聴ける機会なんて、
そうそうない

いつ行くの??
今でしょ(ドヤ顔)

ということで
yoteco女史のご厚意に甘えて
「北九州市漫画ミュージアム」に連れて行ってもらったのでした。

松本零士先生が北九州ご出身ということで、
JR小倉駅を降り立つと、
メーテル&徹郎の銅像があった
いきなりテンションが上がる〜
(ゆかしなは「銀河鉄道999」が大好きで
車掌さんグッズを一時期集めまくっていたの)

(参考画像)

大好きです、車掌さん

(参考画像)

ゆかしなが中2のときに愛用していた定規

P1000665.JPG
こちらが小倉駅前にある銅像

P1000666.JPG
大原麗子似のメーテル様

P1000654.JPG
そして、そのお隣には
「キャプテン・ハーロック」様が仁王立ち〜

P1000655.JPG
この春
「由香里バングス」(古い)ならぬ
「ハーロック・バングス」が流行る

P1000683.JPG
駅前にそびえたつ「あるあるCity」
駅からはデッキで直結しているので、アクセス抜群です

「あるあるCity」のなかには
「アニメイト」とか「まんだらけ」とか、
アニメ、ゲーム、漫画などの最重要ショップがあって
アニメカルチャーの発信基地になっています

この「あるある〜」のなかに、
「北九州市漫画ミュージアム」があるのだ

P1000660.JPG
どでーん
「少女漫画の世界展」
「北九州・下関出身の漫画家が結集」とあって
期待が高まります

P1000664.JPG
唯一撮影OKなエントランスでキャプテンと記念撮影
「右がゆかしなもんです」
といいたいけれど
残念ながら左の
ずんぐりむっくり
がゆかしなですwww悪いかwww
右側が今回誘ってくれたyotecoちゃん(美女)

ミュージアムの中には
いろんな展示ブースがあるけど
ゆかしなが「うおおおおおおお」ってなったのは
「閲覧ゾーン」。
約5万冊の漫画が自由に読めるエリアです。
今は亡き「ヘラルドまんが図書館」(@名古屋)
で育った「まんが図書館チルドレン」のゆかしなにとって
まさに理想郷

たとえば
北九州ゆかりの陸奥A子てんてーの作品もカンペキな品ぞろえ
ここで数々の名作を読んだ次世代の子供たちが
漫画家を目指して、やがて夢をかなえていくんだろうな〜
と思うと、胸が熱くなります
つぶらなおこ(ゆかしなの漫画家ペンネーム)も、
できればここに毎週通いたいぐらい

ゆかしなが拝聴させていただいた
「少女漫画の世界展」の記念シンポジウムは
「少女漫画『かわいい』の系譜」というタイトルでした。

出席者は
萩岩睦美先生、FSc先生、池田美香先生、
司会の大城房美先生(筑紫女学園大学教授)。

70年代以降の「少女漫画黄金期」を支えた萩岩先生、
「コワカワイイ」ゾンビ漫画で知られる、シンガポール出身のFSc先生、
京都精華大学で漫画の研究に取り組んでいらっしゃる池田先生、
前半はそれぞれの自己(自作)紹介、
後半は漫画に対する思い、「かわいい」についての考えなどを
実技を交えてプレゼンされていました。

シンポジウムの内容は、
「少女漫画」における「カワイイ」キャラやヒロインの性格などの
変遷を歴史的にたどるものかと勝手に思っていたのだが
(そういのが見たかった)、ちょっと違ってて、
若干「アレ?」と思ったが、
「昭和りぼんっ子の落武者」ことゆかしなは、
萩岩先生の生のお話がうかがえたので、とても幸せな時間でした

以下、覚え書きバズーカ砲です。
参加できなかった全りぼん少女のために書いてみます。
(覚え書きのため、
お話の順序など、詳細が間違っているかもしれませんがゴメンナサイ

萩岩先生が漫画を描き始めたのは中学2年から3年に上がる春休み。
高校1年生のときの作品「はとポッポが歌えれば」でデビュー。
佳作(同期8人!!)を受賞したときの賞金2000円は、
封筒に入ったまま、まだ持っているそうです
高校時代は年3回読み切りを描き、
短大生のときに
初の連載「小麦畑の三等星」(1982)がスタート。
ゆかしなが中・高校生の時、
何にもできない、泥のような鼻くそ女だったことを考えると、
萩岩先生のほとばしる才能、そして開花ってすばらしいな〜と思います
(比べるなwwww)

小田空先生と仲が良く、
20歳のときに突然電話で
「ハギイワ、ヨーロッパ行こうの一言で
40日間のヨーロッパ放浪。
なかでも、ロンドンでの衝撃がすごかったそうです。
その時の経験が、
「銀曜日〜」や「パールガーデン」の作風に強く影響しているのですね〜

イギリスを舞台にした
「パールガーデン」(1985)は残念ながら連載打ち切りになってしまい、
萩岩先生は相当なショックを受けられたそうですが、
同期の高橋由佳利先生から
「そんな落ちこんでどうすんねん、
あの○○先生だって打ち切りあんねんで

と励まされたというエピソードに笑ってしまったわwww
(○○先生の部分は想像してください。「りぼんっ子」なら分かるよな!?)

その後、
「うさぎ月夜に星のふね」連載に当たっては
何もストーリーの構想が浮かばず、とても悩んでいたところ、
ふと京都旅行に行ったときに
「うさぎ月夜〜」のストーリーが浮かんだというお話もありました。
萩岩先生の制作活動と「旅」って、とても密接な関係にあったんだなと思い、
萩岩先生の「旅」についてのお話をもっと聞いてみたいなと思った。

「りぼん」執筆期間中、まさに「ふろく」の全盛期であり、
ふろくに携わることが
とても楽しい経験だった
とおっしゃっていました。
その後「りぼん」の対象年齢が小学4年生にまで下がり、
描きたいものと求められるものとのギャップを感じ、
「りぼん」との契約を終了。ドイツに3か月留学されたそうです。
そして、留学先でデンマーク人の旦那様と出会い、結婚、出産。
ご本人は「結婚する」ようなキャラではなかったようで
友だちからは「裏切り者〜www」と言われたとか。
母になったことで世界観が広がったそうで、
少女ではなく、女性をターゲットにした
「コーラス」、「YOU」に移られてからは、
「水を得た魚のように描けた」とおっしゃっていました。

ゆかしなの覚え書きバズーカ砲はまだ続くので、
次回をお楽しみに

ここでいったんCMで〜す(タモさん

「昭和りぼんっ子の落武者」 ゆかしなもん

「ふろくわんだぁ〜らんど☆」更新、ズキュン!!!

ご機嫌いかが?
しゃかりきコロンブス
突然ですが、告知です

「サイゾーウーマン」
さんにて連載中のコラム
「ゆかしな所長のふろくわんだぁ〜らんど☆」
最新記事がアップされました〜
ワーイ

今回は
3月ということで
学年末&卒業フェアウェル(お別れ)系ふろく

「学年末にはサイン帳でお別れ☆
80年代少女マンガのふろくが甘酸っぱい!」

80年代の「なかよし」や「りぼん」に
毎年のようについていた
豪華なサイン帳や名刺カードなどを集めてみたよ〜

た・と・え・ば、、、、

☆1983年3月号 池野恋の「ランゼ・サインブック」


※クリックで拡大します
これは、ゆかしなにとって忘れられない、
思い出のサイン帳。
中を開けると、恋ちゃま(池野恋先生)のサインがあって、
カンゲキしたよね〜



☆「なかよし」1987年3月号 ハローグッバイシール



※クリックで拡大します

シールといえば「なかよし」っていうぐらい、
きゃわゆいシールふろくを大量にリリースしてきた昭和期の「なかよし」。
使うのがもったいないくらいだよ〜

その他、いろいろなふろくをご紹介しているので
ぜひチェックしてみてね

ゆかしな所長



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

うちのタマ知りませんか?30周年☆

うちのタマ知りませんか?

点取り占い

点取り占いブログパーツ

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

りぼん RE-BORN [DVD]
りぼん RE-BORN [DVD] (JUGEMレビュー »)

ゆかしなフェイバリットムービー☆夏の日の少女。神社。そしてOSAMU GOODS。

links

profile

書いた記事数:533 最後に更新した日:2015/04/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM