「なかよし」のティッシュが好きすぎて気が狂ってしまった女の話

お久しぶりの更新になってしまいました〜


いきなりですが、懺悔です
年明けに行った年賀状プレゼントですが、
イラスト面の上に宛名をプリントして送ってしまった方がいたようで
大変失礼しました
いい歳こいて、年賀状印刷すらまともにできないのかよ、
ハガキセットしてボタン押すだけやろ
と、自らを責め、激しく落ちこんでいます……

もしそのような方がほかにいらっしゃったら
ご連絡くださいませね


さて
この武露愚を読んでいる方にはもうおなじみですが、
子どものころに
鬼姉が独占的に読んでいた「なかよし」(講談社)
を触らせてもらえなかったという
地獄の独裁政権により、
哀れなブ少女ゆかしなは、
いまなお、鬼姉PTSDを患うはめに……


そして忘れもしない、
あるときの鬼姉の「なかよし」のふろく、
わんころべえのティッシュを横目でチラと見たその瞬間から、
「なかよし」ティッシュへの
異常ともいえる思慕の情をおさえることができず、
以後
ゆかしなもんは血眼になって「なかよし」のティッシュを集め続け、
心の空洞を必死に満たそうとしているのである。
誰か、このトラウマを心理学的に分析してくれェ〜


とまあ、
幼きゆかしなちゃんのハートが一瞬にして盗まれてしまったほど、
「なかよし」のふろくティッシュはそれはもう可愛くて可愛くて、
歴代の「なかよし」ふろくのマスターピース
である、といっても過言ではないほどなのだ


「りぼん」(集英社)にもティッシュのふろくが付いたことはあるけど
圧倒的に少ないし、あんまし記憶にないんだよなあ……
ふろくの貧しい「ちゃお」(小学館)は言わずもがな、である
(80年代の話です)。


P1020398.JPG
「なかよし」の現人神・あべゆりこ先生の
「わんころべえ」ティッシュ
1970年代後半のものではなかろうか?

反対側にはしめちゃん
P1020399.JPG
カラーリングも英語の書体も、きゃわゆ

P1020400.JPG
中をパタッと開くとティッシュが取り出せる。
ティッシュにはブルーのプリント柄入り〜


P1020402.JPG
こちらも1970年代後半のふろく、
しいちゃま(たかなし♡しずえ先生)の
「おはよう!スパンク」ティッシュ

反対側もスパンクです
P1020401.JPG
デザインや色使いのセンスも素晴らし〜
売り物にしたいほどのクオリティ

P1020403.JPG
構造は「わんころべえ」のと同じ。
ティッシュの柄は愛ちゃんとスパンク〜


P1020404.JPG
1986年のふろく
ひうらさとる先生の
「ぽーきゅぱいん」ティッシュ

「ぽーきゅぱいん」が登場したときはけっこうな衝撃で、
そうか、「なかよし」、そう来たかァァ
などと
まるで「りぼん」の中の人みたいな目線で評価していたりして、
今考えても本当に自分がウザいです

P1020405.JPG
裏側
ぱいんの可愛さもカンペキだが、
なんといっても
「ねがいがかなう香りつき」というのがポイント

「なかよし」はなぜか
「香りつき」ふろくに関しては
ティッシュにかぎらず、
シール、ノートにいたるまで
他誌の追随を許さぬほど力を入れていたのである。

P1020408.JPG
こちらも1986年のふろく
「なかよし」生え抜きの八木ちあき先生の
「ほんのりおじょうさまティッシュ」

「なかよし」が突如
「お嬢様ブーム」を巻き起こそうと画策していたときのふろく。

P1020409.JPG
裏側
こちらは
「恋がめばえる香りつき」
ネーミングがいちいちときめくのよね

P1020410.JPG
80年代後半の「なかよし」人気を支えた
高杉菜穂子先生の初恋ロマン「指輪物語」
「おしゃれティッシュ」(1987年)


P1020411.JPG
裏側。
ガーリーなピンクがイイネ
中身はもちろんプリント柄つきで〜す


P1020415.JPG
こちらも1987年のふろく
八木ちあき先生の
「ラブラブペアティッシュ」

2つのティッシュが中央のミシン目でつながっているという
凝りっ凝りに凝ったコンセプト。
しかも、
それぞれのティッシュの色とプリント柄が違うという
「なかよし」渾身のふろく芸の極み
なのであります

P1020414.JPG
裏側

形、色、構造、印刷、クオリティ……
すべてにおいて他誌のふろくティッシュに圧倒的な差をつけた
「なかよし」ふろくティッシュの最高峰
であると認めざるをえません

P1020406.JPG
1989年のふろく
片岡みちる先生
「ポム&ゆみ プリティーティッシュ」

P1020407.JPG
裏側
可愛すぎて死ねる。

憧れの「ちゃめっこクラブ」
に入会することをついぞ許されなかったゆかしなにとっては
片岡みちる先生の絵のついたこのふろくが
とてつもない宝物なのです……

(参考画像)

※「ちゃめっこクラブ」とは
片岡みちる先生がイラストを担当されていた
「なかよし」の熱き読者コーナーのこと

そして時代は90年代へ……

P1020416.JPG
ひうらさとる先生
「月下美人(ムーンライトシンデレラ)」の
「シンデレラティッシュ」(1990年)

「月下美人」はミュージカル化もされたんだよね
(主演 中村繁之茅野佐智絵
↑当研究所では
シゲの名前が出ると、お約束のようにこの曲の動画を貼ります

P1020417.JPG
裏側
こういうラフでポップなタッチって
新鮮だったよな〜
80年代にはなく、現代的というか。

P1020418.JPG
あの竹内直子先生
「The チェリープロジェクト」連載時のふろく
「恋の香りティッシュ」(1990年)

P1020419.JPG
クリアなケースがかわゆィ〜
「なかよし」香りつきの伝統は
90年代にも脈々と受け継がれていた


P1020412.JPG
あべゆりこ御大の
「わんころべえ ウキウキポケットティッシュ」(1991年)
このメタリック感は
70年代にはなかった発想だよね

P1020413.JPG
裏側
もったいなくて開けられないので、
プリント付きかどうか未確認

P1020420.JPG
ついに「なかよし」の象徴である
「夕くん」が出た〜
あさぎり夕先生
「コンなパニック バレンタイン本命ティッシュ」(1991年)
これはkoba肇校長からの寄贈品ではなかったかな?

P1020421.JPG
裏側
マーブルチョコ風のパッケージがキュート
これももったいなくて開けられないけど、
隙間から察するに、プリント柄つきです



数十年の時を経てようやく手に入れた、
名門少女漫画雑誌「なかよし」伝統のポケットティッシュ……
ときおり手のひらに載せてナゼナゼしてみたり、
プリント柄を見てニヤニヤしたり、
取り出し口の隙間から匂いを吸い取ろうとクンクンしてみたり、
おそらく私はもうすでに
99・9%狂人
に違いないわけだが、
「りぼニスト」「ちゃおっ子」には決して手の届かない高みであったわけなので
わたしを社会から排除することなく
どうか温かい目で見守っていただけたら幸いです


ティッシュに賭ける青春
ゆかしな所長


あけましておめでとう! 遼太郎くん♡


あけましておめでとうございます

img040.jpg
本田恵子先生「月の夜星の朝」(集英社)より

君は
これほどまでに歓喜の涙にむせぶ
「あけましておめでとう」を、殿方に向かって言ったことがあるか!?
アタイは、ない

さて
全国津々浦々の研究員のみなさんからご応募いただきました
「年賀状全員プレゼント」ですが、
じつを申しますと、
さきほどようやく年賀状を書き終えました……
おせーよww

すみません……
でも、丹精こめて作りました
到着まで、もうしばらくお待ちください

2014年も
こんな感じでダラダラと楽しくやっていきたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします

ゆかしな所長

死せる「昭和ちゃおっ子」の会、緊急招集!! 聖鈴子先生の新作がキタぞ〜!!!


みなさま、お疲れ様でございます
昭和「ちゃおっ子」残留兵、
小野田ゆかしなです


なぜゆかしな
これほどまでにテンションがアッパー&ガナティガ・テイクミーテイクミーハイヤーであるか

理由は簡単である
われわれ
80年代・元祖「ちゃおっ子」にとって
精神的支柱であり、
また、象徴(アイコン)的存在でもある
「ちゃお」の爆笑女王・聖鈴子先生の新作が、
この12月17日にリリースされたのである

(ここで
「シーーーン」
とか今回はやめてネ、マジでw)

80年代は
スクールカースト的な観点から見ても
最強の「りぼん」派、王道の「なかよし」派に大きく水をあけられ、
くちびるをグッと噛みしめながら
マイラブコミックスを静かに読むことしかできなかったゆかしなであるが、
鈴子先生の作品だけはほんっとに楽しくて、
「ちゃおっ子」の自慢だったもん
連載作品もおもしろいが、
ときどき掲載される読み切りの短編もまたキラリと光る名作が多くて、
笑いのクオリティが高え。
たとえば
一族の先祖の時代からの呪いによりゴキブリに姿を変えられた女の子が
その呪いを解くために、人間の男の子とキスをするまでの珍騒動を描いた
「とりあえずオジャマむし」(1985)とか、もう最高なんですww

当研究所では
「西のあーみん(岡田)、東の鈴子(聖)」
と勝手に位置付けているが
鈴子先生ファンの「ちゃおっ子」のみんななら、
きっと、その意味が分かってくれると思う。


待望の新作は
「オバサンは突然やってきた!」(Kindle版)



若く、愛らしかった?奥様に襲い掛かる しみ!しわ!ほうれい線!


そして、お洒落な旦那様に 薄毛の危機!!


老化という魔物に 苛まされる夫婦の 苦悩の実録 4コマギャグ漫画(紹介文より)



漫画家の里見桂先生とご結婚され、二児の母となられた鈴子先生の
寄る年波との闘い、不況の影、熟年離婚の危機……
さらに
20〜30代のころに、鈴子先生が遭遇した数々のなつかし詐欺体験
(「ココ山岡」事件や羽毛布団詐欺、手相詐欺など)
にいたるまで、
さすが鈴子先生、ネタ持ってんな〜www
と思わせる。
救いのないテーマでも確実に笑いを取ってくるあたり、
鈴子先生のセンスと腕はやはり確かである

ところどころに出てくる
鈴子先生が描かれる「うさぎ」も健在
泣きたくなったよ、思わずよォ〜


「ちゃお」連載時から
欄外の一言エピソードなどを読むにつけ、
お茶目でチャーミングな先生だと思ってはいたけど、
やっぱり鈴子先生はおもしろくて、カワイイお方でした

さらに、だ
聖鈴子先生ブログも開始されていて、
先生の近況を知ることができるのが
なによりうれしい〜

聖鈴子のブログ

鈴子先生のワンフーのみんなは要チェックだよ

「オバサンは突然やってきた!」
たったの100円だから、ぜひダウンロードしてみて
ゆかしなも、昭和からのアナログ残留兵ゆえに
Kindleなんか持っていなかったけど、
iPhone版Kindleアプリを無料でダウンロードして、
無事読むことができました〜

失われた時代をともに生きた「ちゃおっ子」のみんなにとっては、思いがけないすてきなクリスマスプレゼント!
鈴子先生の次回作を、あせらず、猛烈に待とうではないか

【聖鈴子先生関連記事】

「秋のガーリィ遠足♡ 『少女まんが館』篇その3」

80年代「ちゃお」最強伝説☆「あんこ♡愛に恋!」(1984)

「ちゃおっ子」集まれ!! 聖鈴子先生の神ふろく降臨☆

いちごメイト・ゆかしなちゃんの「神田古本まつり2013」☆


デッド・ちゃおっ子・ソサエティ ゆかしな






















評価:



satomiproduction






コメント:われわれ昭和期「ちゃおっ子」の笑いの神、聖鈴子てんてー待望の新作!!! ずっとずっと待っててよかった☆ 「ココ山岡」の破綻話を笑いに変えられるのは鈴子先生だけ!






















クリスマスまで、あと……♡

寒いですね〜☆
あと1週間ちょっとでクリスマスでございマ〜ス

武露愚を読んでくださる研究員のみなさまが

どうか楽しいクリスマスを過ごせますように

img013.jpg

ゆかしな

りぼんっ子注目!! 「ふろくわんだぁ〜らんど☆」更新されましたァァァ

おはようサンサンサンシャイン

「サイゾーウーマン」にて連載させていただいている
「ゆかしな所長のふろくわんだぁ〜らんど☆」
の最新記事がアップされました


今回は
萩岩睦美先生による不朽の名作
「銀曜日のおとぎばなし」愛蔵版(平凡社)発刊を
勝手に記念し、
勝手に
ポー様のふろく祭を敢行しています


1980年代「りぼん」伝説の『銀曜日のおとぎばなし』の可愛さに悶えよ!

たとえばこんなふろくをご紹介


「りぼん」(集英社)1983年6月号
「等身大ポーしおり」



「等身大」だっていうから測ってみたら
なんと約8センチだった
可愛くってデレデレしてしまうなァ〜

そのほか、リルフィーファンの方のために
リルちゃんもののふろくも、
いくつか紹介しています
ポー様&リルフィーのコンビは最愛だわね

「りぼんっ子」のみなさま
お時間があるときにでも、
ぜひチェックしてみてください

実は
このほかにも紹介していないポー様ふろくが自宅にまだ少しだけあるのだけど、
それはまた別の機会に

ゆかしな所長

ゆかしな最愛のふろくがついにご開帳☆ 「漫画国りぼん」の永久パスポート!!

幼少期のゆかしなの「精神的支柱」といえば
もう何度も言い尽くしてきたが、
1979年から1984年まで
超名門少女漫画雑誌「りぼん」(集英社)にて連載されていた、
小田空先生の「空くんの手紙」にほかならない

ポエミーでありながらスパイスが効いていて、
スイートでありながらビターな。
絵柄もすっごく可愛いんだけど、
変てこでシュールな「小田空」ワールドが広がってる……
唯一無二の、メルヘンストーリーなの

ここに
当時の「りぼニスト」が感涙した、
忘れえぬふろくがある。
もしかしたら……
「りぼん」のふろくのなかで
ゆかしなが一番好きなふろくかもしれない。

「りぼん」1982年7月号ふろく
「小田空のパスポート手帳」



「漫画国RIBON」
もう、「うさぎ」の顔見ただけで泣けてきそうw
オールド「空くん」ファンなら分かるよな? この気持ち


(クリックで拡大します)
※左ページ
漫画大好き少女である本旅券の所持人に
すすんで『りぼん』を愛読させ、
しばし勉強の疲れや、心の悩みを忘れさせ、
かつ、同人に必要な保護扶助を与えられるよう、
関係の諸官に要請する。

漫画国りぼん大臣


※右ページ(ローマ字)
リボン ノ マンガ ハ トッテモ オモシロイ.
リボン ノ フロク ハ スバラシイ.
リボン ノ ケンショウ ハ ホシイモノ バカリ ソロッテル.
ダカラ カワニャ ソンソン.
イツマデモ アイドクスルコト ヲ ヨウセイスル.



(クリックで拡大します)

渡航先
この旅券は、『りぼん』を愛読すれば、漫画国の空くんの森をはじめ、
すべての場所に効力を有する。



(クリックで拡大します)

効力
この旅券は、発行の日から永久に効力を有する。
ただし、『りぼん』を読まなくなったら、ただちに失効する。



(クリックで拡大します)

「最強世代」ともいえる80年代前半「りぼん」の
スター作家42名の完全プロフィール付き
のちに「250万乙女のバイブル」となる礎を築きあげた、
いぶし銀の神作家たちのお名前が並ぶ

熱狂的読者の憧れの対象ゆえ、
生年月日、血液型はもちろん
身長、体重までさらさなければならなかったのは
お気の毒としか言いようがない……

※ちなみに
恋ちゃま(池野恋先生)の体重部分は「アハハ」
小田空先生の体重部分は「エヘヘ」
佐藤真樹先生の体重は「グフフ」になっていてカワイイのww
ゆかしなの体重は「デュフフ」ですw(聞いてない)


スタンプを押すページには、
するめと小躍りする「まれにゃ(まれすけ)」が
まれすけは、
小田先生の飼い猫ですが、
いつの間にか「空くんの手紙」の人気キャラになっていました


最後のページには
「するめどろぼ まれにあ」の指名手配ポスター


裏表紙
まれちゃん、ついに、つかまっちゃった〜w

このふろく、
80年代「りぼん」が当時の「りぼニスト」にとって
どんなに大切で楽しみな存在だったかということが伝わるし、
「りぼん」編集部のユーモアとセンスが隅々までほとばしっていて、
すごく好きなのよね
パスポートのリアリティもしっかり追求してあって、
非の打ちどころのない、素晴らしいクオリティなの
この「りぼん少女」の精神を具現化したようなパスポートを
80年代前半の同誌を象徴する名作となった
「空くんの手紙」で作ってくださったことに、
とても大きな意味があるような気がして。
「空くん〜」のワンフーとして、
ほんとうに「ありがとう」という気持ちです。

ゆかしなはさすがにもう「りぼん」本誌を買っていないけど、
昔の「りぼん」の作品が今も変わらず大好きだから、
まだパスポートの効力が失われていないと信じたい
あたいはいつまでも
「漫画国りぼん」の旅人でいたいのです……

「ゆかしなお年玉企画・全プレ2014」のお知らせ

さーて突然ですが、
毎年恒例の(?)プレゼントの時期がやってきました〜
ことしは
ゆかしな所長から
2014年の新作年賀状を全プレしちゃいます
全員プレゼントではありません、全力プレゼントです

「ゆかしなといえば年賀状、年賀状と言えばゆかしな」
と自分で吹聴するぐらい、
誰にも評価されることなく、ひっそりと
無駄に労力をかけて作品を発表し続けていますが、
さて2014年はどんな「昭和的ガーリーキャラ」が
年賀状にサンプリングされるのかな??
(もしかしたら2案ぐらい作るかも)

あなたの1年が素晴らしき年になりますよう、
ゆかしな所長が心をこめてポストにコトンと投函します

【応募方法】
応募期間は以下の通りです
2013年11月17日(日)〜2013年11月30日(土)まで

貴女の住所(〒番号も必須!!)、氏名、年齢、
「昭和的ガーリー文化研究所」の感想や文句、
アータの好きだった少女漫画(雑誌でもOK)やアイドル、
アータが通っていたファンシーショップの名前など
昭和思い出ぽろぽろエピソード
など、ご自由に☆
明記していただいて、
「年賀状全プレ応募」のタイトルにて、
以下の研究所アドレスにどしどし応募してネ〜

kirakiraboshi_ageru★yahoo.co.jp
(★を@に変えてちょ)

できるだけ全員の方に年賀状を送ろうと張り切っていますが、
誰かのイタズラで
法外にたくさん応募が来ちゃった場合は「抽選」になります。
年賀ハガキ買うだけで破産したくねーもん
あと
エアメールの送り方が分からないので海外にも発送できません、
ごめんなさい
個人情報は、しばらくしたらすべて廃棄しますので
ご安心ください〜

それでは
たくさんのご応募、お待ちしておりま〜す

「空くんの年賀状」ゆかしな






















評価:


小田 空







コメント:切なさ、うれしさ、哀しみ、人の温かさ……いろいろな「心」の物語が詰まった、珠玉のハートウォーミングメルヘン☆ 空くん、うさぎ、ゴジラ、まれにゃ、うそつき虫etc...などクッソ可愛い登場人物に、貴女もぜひ出会ってほしい!!!










































評価:


小田 空







コメント:1巻を買ったら2巻も欲しくなる!!!






















特報!! VVにて「あさりちゃん」×ステレオテニス限定グッズが発売されとるぞ☆

全国のてんとうむしコミッカーズに告ぐ

遊べる本屋「ヴィレッジ・ヴァンガードにて
われわれの“永遠の堕天使”、
「あさりちゃん」グッズが発売になったぞ〜
敏腕ふぁんしー★でざいなー、ステレオテニス先生が
80年代の「あさりちゃん」イラストを
キュートに、そしてコケティッシュにグッズ化してくれたのです


ゆかしなも
先週末、「VV豊洲ららぽーと店」にて
さっそくゲットしてきたぞよ〜
(っていうか、
たまたま行ってみたら売ってたのよね〜w
このゾウ並みに優れた嗅覚にカンパイ

P1020121.JPG
「あさりちゃん学習帳」
この輝かしい80年代キラーデザインを見よ
見るだけでロウな気分がアッパーになる、
そして小学生気分に戻れる、
底抜けに明るい「あさりちゃん」スマイル

P1020122.JPG
裏面も、学習帳らしい楽しいデザイン
(中身は罫線なしの白紙です)

P1020123.JPG
「あさりちゃん」ふせん

「くわーくわーくわー」
「お」
「むごっむごっ」

などの、
室山まゆみ先生伝統の描き文字がふせんになった

P1020124.JPG
パッケージ裏のあさりちゃんもカワイイ〜

P1020125.JPG
こちらは
美しいカラーイラストのふせん

ヤヴァい!!
コミックス第3巻表紙の
鼓笛隊あさりのふせんがクソクソ可愛え〜

P1020126.JPG
パッケージ裏も「鼓笛隊あさり」
「鼓笛隊あさり」は80年代当時、
さまざまなオフィシャル・グッズにキービジュアルとして多用されていた、
歴史的最重要イラストなのである

P1020127.JPG
レターセット(チェック)

ステレオテニス先生渾身の作、
「あさりちゃん」エンブレムがステキ
エンブレムの両側にある「まんが肉」に注目せよ〜ww

P1020128.JPG
レターセット(ピンク)

こ、これは可愛すぎる〜ッ
輝かしい'80年代セイカノート社製「あさりグッズ」シリーズにも引けを取らない
躍動感のある素晴らしいガーリーデザイン
大切なだれかにおてまみを書きたくなるような、
ウキウキした気持ちになります

あと
総柄の「あさりちゃん」のギフトバッグがあったのだが、
興奮のあまり
買い忘れました……


初期のバイオレンス・アクション作風時代の
なつかしい「あさり&タタミ」絵がグッズ化されるなんて、
ゆかしなにとっては夢のよう
ふつうは、
作家さんの絵が変わると、
なかなかグッズ化すること自体が叶わないもんネ……

ぜひお近くのヴィレッジ・ヴァンガードに出かけて
チェックしてみてね
Twitter情報によると、
名古屋PARCO店、宇都宮店、金沢・香林坊店はあるらしいよ
(全国のすべてのVVに入荷されているかはわかりません……ゴメン



(以下、VVへの熱きラブレターです)
ゆかしな所長のヴィレヴァンうちあけ話
ヴィレヴァンは、
愛知県のさびれた街に住んでいたゆかしな所長が
80年代後半から90年代はじめ、
足繁く通った大切なお店です。
今みたいに全然全国チェーン化していないときで、
古くからあった「長久手店」(2号店??)に通ったなあ〜
そのころから品ぞろえはマニアックだった。
お店は、SONNY CLARKの「クール・ストラッティン」の
ジャケットをモチーフにした、大きな絵が目印で。



田舎だったし、
インターネットもなかったし、
共通の趣味の友だちもいなかったし(孤独)、
マニアックなカルチャー欲を満たす術を知らないゆかしな少女が、
ここに来れば、必ず楽しいことが見つかる
という一心で、遠かったけどウキウキ通っていました。
つーか、嫌がるママに
無理矢理頼んで、車で連れてってもらって。

当時の「ヴィレヴァン長久手店」は
ゆかしなにいろんなコトへの興味を持たせてくれて、
本当にお世話になりました。
「名古屋暗黒時代」のゆかしなを支えてくれたのが、
ほかでもないヴィレヴァンだったのです
心の恩人と言っても、過言ではないくらい。
だからこそ
今回の「VV×あさりちゃん×ステレオテニス」コラボレーションは
心からうれしい
こういうおもしろ企画をやってくれるヴィレヴァンは、
やっぱりスゴイな〜と思う
自分の好きなものや人同士が時を超えてつながるのって、
素敵なことだよね



昔のヴィレヴァン、大好きだった〜

ユカシナ・ヴィレヴァンビガロ

幻の少女漫画雑誌『ぴょんぴょん』が、いま不死鳥のごとく蘇る!! 

わたしの〜武露愚の〜まえで〜
泣かないでください〜
(「千の風になって」のメロディーで)

このたび
「昭和的ガーリー文化研究所」に
とても貴重な寄贈をいただいたので、

研究員のみなさまにご報告させてくれ〜ッ


ぬゎんと
「あさりちゃん」でおなじみの室山まゆみ先生より
あの伝説の児童向け少女漫画雑誌
「ぴょんぴょん」(小学館)をお送りいただいたのである

「ぴょんぴょん」は1988年創刊
とにかくパワフルな雑誌で、
ジェニー、占い&おまじない、キョンシー、光GENJI……
ブームになっているものはどんどん載せる、
というアグレッシブな編集方針。

漫画の内容も
恋愛もの中心ではなく
ギャグ、オカルト、メルヘン、ファンタジー、スポーツ、伝記etc....
などバラエティに富んでいて、
そこに
往年の小学館の学習雑誌(学年誌)の懐かしい香りがプラスされたような、
とても個性的な少女漫画雑誌であった。

P1010804.JPG
月刊化前の創刊第一号(1988年)
「元気な女の子のための新まんが雑誌」
創刊号には上原きみこ先生も名を連ねている、力の入れよう!!

P1010805.JPG
創刊第2号(1988年)

P1010806.JPG
創刊第3号(1988年)
右上のうさぎはアイドルマークの「ラビちゃん」

P1010807.JPG
創刊第4号(1988年)

P1010808.JPG
創刊第5号(1988年)
ふろくは「ピカピカかんむり」w

P1010809.JPG
創刊第6号(1988年)
ジェニー大特集
ジェニーいとうではありません

(参考画像)

ジェニーいとう

P1010810.JPG
月刊化第1号(1989年1月号)

主な「ぴょんぴょん」伝説を以下に挙げてみる(ゆかしなセレクト)。
「どろろんぱっ!」「あさりちゃん」「おじゃマクラ」「光のパンジー」「BG倶楽部YOU」(後の「ゆう&YOU」)は創刊号からすでに載っていた(1988年)
藤原栄子先生「フラッシュ☆バニー」連載開始(1988年)
・ライバル誌(?)「りぼん」の人気作家赤座ひではる先生の読み切りを掲載(1988年)
どおくまんプロによる少女漫画「女の子なのに音子ちゃん」掲載(1988年)
どおくまんプロからは「本気ですか?」と聞かれたらしいw
・キョンシーブームにのって読み切り「ピョンシーちゃん」掲載(1988年)
・宝塚実録もの、大浦みずき物語「虹色のステップ」掲載(1989年)
・藤井みどり先生「愛の戦士ヘッドロココ」連載開始(1989年)
・たちいりハルコ先生「パンク・ポンク」連載開始(1989年)
・NHK大河ドラマ「春日局」にあやかって「つぼねちゃん」連載開始(1989年)
・いのち輝くときシリーズ「ファッションの女王 ココ・シャネル物語」掲載、
その後、これをパロったおじゃマクラのイラストが「ぴょんぴょん」に殺到(1989年)
小林よしのり先生「おぼっちゃまくん」掲載(1990年)
「ドラミちゃん」連載開始(1990年)
室山まゆみ先生「どろろんぱっ!」がTVアニメ化(1991年)
・「ぴょんぴょん」VS「コロコロ」の対決PR始まる。「コロコロ」が茶魔の裸で攻めれば、「ぴょんぴょん」はラッツのアップで反撃(1991年)

上に挙げたのはほんの一例だが、
「ぴょんぴょん」がフリーダムかつゴイスーな雑誌だったということが、
少しでも分かっていただけたのではないかと思う。

ほかにも、ゆかしなが尊敬してやまない
牧野和子先生、北島洋子先生、星野めみ先生、佐藤まり子先生、曽まさこ先生、
市川みさこ先生、まるやま佳先生、岡本ゆり先生、西原ちか先生etc...

小学館の少女漫画雑誌はもちろん、
「なかよし」(講談社)や「マーガレット」(集英社)などで活躍されていた
あらゆる大御所&人気漫画家さんが「ぴょんぴょん」に結集していたのであった。

これほどまでに
無敵ともいえる戦闘能力を誇っていた「ぴょんぴょん」だが、
発行部数は10万部を切っていたそうで
(当時、ライバル誌の「なかよし」は200万部、「りぼん」は250万部を超えていた)、
1992年、
コアな読者から惜しまれつつ、
「ちゃお」に吸収合併されたのだった。

その歴史は、わずか5年間
「いいものが必ずしも売れるとは限らない」
とよく耳にはするけど、
こういう、気概のある、
本当に楽しいと思える雑誌がなくなってしまうのは
とても残念なことだよね。

P1010811.JPG
最終号(1992年10月号)

P1010812.JPG
全51冊の表紙グラフィティ

今回、室山先生から
創刊号から最終号までの5年分、
全51冊をすべてお預かりしている
ので、
80年代〜90年代における貴重な少女漫画史料として、
今後は少しずつゆかしな武露愚で紹介していったり、
ゆかしなイベントで展示したり、、と思ってます

全国10万人の
「ぴょんぴょん」戦士たちよ
あたしらの失われた5年間を、
ともに取り戻そうではないか

せ〜のっ
ムチャ〜ッ(「パンク・ポンク」)

ゆかしな所長

昭和期めみラーたちよ、息を吹き返せ!! 「笑って!殿下」が還ってくるぞ!!


おはよう姫子

本日の議題は
お・待・た・せ
名門少女漫画雑誌「週刊マーガレット」(集英社)において
1981年から1982年にかけて連載されていた
ゆかしなのフェイバリット少女漫画、
そして
インディーズ漫画家・つぶらなおこに多大なる影響を与えた
「笑って!殿下」(星野めみてんてー)
だよ

今なおレディース系コミック誌でご活躍の大御所中の大御所、
星野めみてんてーの
初期のマスターピースともいえる作品
ゆかしなが思い出せるかぎり、
人生で一番最初にハマった漫画でもある。
そう、わたしは
なにをかくそう
「星野めみラー(昭和期)」なのである

※過去記事
「ゆかしなの悲願達成!! ついに出あえた、幻の'80S書店ノベルティ」

P1010803.JPG
(参考画像)
1983年当時の「週刊マーガレット」

P1010783.JPG

P1010784.JPG

P1010785.JPG

P1010786.JPG

P1010787.JPG

P1010788.JPG

P1010789.JPG

P1010790.JPG
コミックスは全8巻(絶版)

【あらすじ】
高校一年生の三田くるみは、わけあって、
兄と弟とともに、生まれたときから学校に住んでいるが、
みんなには内緒にしていた。
くるみのクラスに北海道から転校してきた日比野正樹は、
見目麗しい美少年、おまけに
開校以来の秀才ということで、女生徒みんなの憧れの的!!
周囲からは「殿下」と呼ばれ、くるみもひそかに片思い……。
ある日、ひょんなことから殿下とくるみが親しくなり、
くるみは有頂天に。
しかし、殿下の婚約者を名乗る早苗の登場や
くるみに片思いをしている同級生の重成など
次々に恋のライバルが現れ、
ふたりの恋の邪魔をするのだが……


【ゆかしな的みどころ その1】
殿下が超のつく「ツンデレ野郎」だった

過去のとある心の傷で、笑うことを忘れていた殿下は、
最初はくるみにも冷たく当たっていて、
笑顔を見せることもなかった。
しかし
天真爛漫でピュアなくるみとつき合うようになってから
心の氷が解け、いつしか笑顔が戻るように……
クールすぎる殿下が
ときおり見せる笑顔「フ……」がたまらん
殿下こそ、元祖ツンデレキャラかもしれないよね。

ゆかしな厳選、殿下の笑顔ギャラリー
P1010792.JPG
フ……

P1010793.JPG
フ……

P1010796.JPG
フ…………

かと思えば
P1010799.JPG
いつもは冷静沈着な殿下だが
くるみがピンチに陥ると、人が変わったように凶暴化、
血も涙もない殺戮マシーンと化す。
こちらのシーンは
ヤクザからピストルを奪ってぶっ放すところwww
本当に高校1年生ですか??


【ゆかしな的見どころ その2】
涙なしでは読めない、
くるみの家族の愛と哀の物語


ヒロイン・くるみの家庭には両親がおらず、
兄(くるみの高校の教師)と幼稚園児の弟・ノブタンの3人暮らし。
愛くるしいノブタンが実は捨て子で、実の弟ではなかったり、
兄の目が病気で失明の危機に遭ったり、
学校に住んでいることが問題になり、追い出されそうになるなど
次々と三田家にピンチが訪れる。
貧乏だけど、希望を捨てずに明るく暮らす三田家に涙を禁じ得ない
とくに、血のつながらない弟・ノブタンには何度泣かされたことか……

P1010797.JPG
殿下とくるみの恋の
最大の理解者でもある、ノブタン


【ゆかしな的見どころ その3】
手ごわすぎる恋のライバルが次々に登場

モテモテの殿下に恋い焦がれる女子が次々に登場し、
あの手この手で殿下とくるみを引き離そうとする。
なかでも、
殿下の北海道時代の婚約者を名乗る真杉早苗は
シリーズ最強の「美少女刺客」であった。

P1010794.JPG
この初登場のときの、真杉早苗の美少女インパクト、
32年たった今でも忘れられないわ〜w
先生の言葉をさえぎって自己紹介する、
押し出しの強さ

P1010801.JPG
花瓶の中身を早苗にぶっかけられるくるみww
この後、壮絶な取っ組み合いのキャットファイトが始まるww
くるみと早苗は
最後の最後まで殿下をめぐって戦うのだが、
ラストは、
これまた涙なくしては読めない衝撃の展開が待っているのだった……


毎週発行されていた「週マ」に連載されていただけあって、
ヤマ場が次々に起きすぎるww
恋愛、男の友情、学園ストーリー、スポ根、血のドラマ、難病、
交通事故、任侠、家族愛、遺産の争い……
あらゆるドラマティック要素を盛りに盛った、

めみタン風ジェットコースタードラマ。
全編を通して繰り広げられる、
くるみと殿下のピュアな純愛エピソードに
うれしくなるやら恥ずかしくなるやらww
でも、ピュアなんだけど、
やたらチッスシーン多かったわ

P1010802.JPG
古典的な表現
(頭を)コツ☆


さて、突然ですが、ここで朗報です。
この忘れえぬ名作、
「笑って!殿下」ですが
2013年9月30日
「笑って!殿下 青春編」(竹書房)
というコミックスが出る、らしいの

最近は
「マーマレード・ボーイ」とか「ときめきトゥナイト」とか、
昔の人気作の続編&スピンオフ作品が発表されるという
すてきな風潮が続いているわけだが、
まさか、まさか、
あの「笑って!殿下」のスピンオフ(?)
が発売される日が来るなんて、
夢にも思わなかったよな?!
っていうか、
ネットでも全然話題になってねーし……
本当なんだろうか……??

眠れる昭和期「めみラー」たちよ、
今こそ目覚めよ


弘道会なみの諜報力を誇る
我が「昭和的ガーリー文化研究所」でも
この新作の詳細について、
まったく情報をつかめていないのが正直なところ。

めみタンのブログを読んでも
来る日も来る日も氷川きよしのレポばっかりで、
「笑って!殿下 青春編」の情報らしきソースが落ちてないwww

(2013年9月17日追記)
めみタン先生の日記が9月15日に更新されていて、
「笑って殿下 青春篇」の情報がアップされていたぞ!!!
今回の新刊の中身は
以前の「笑って!殿下」の再録だそうです

スピンオフじゃなかった〜
でも、
絶版になって久しい作品だから(文庫化もなぜかされていない)、
もう1度読めるなんて幸せだよね

おとなしく発売日を待つしかないのだろうか……
中身が気になるよね〜
本が届いたら、またレポートするね
続報を待て

嗤(わら)って!ゆかしな

「梁川りお」になれなかった女ども、集まれ!! 「りおのカーニバル」開催中

こんにちは、龍川幸美です

本日は
80年代「りぼん」における
最重要文化財作品のひとつである
「月の夜 星の朝」カーニバルです

容姿端麗、文武両道、おまけに性格も天使。
まさに非の打ちどころなし、
スクールカーストの頂上に君臨する女、
それが梁川りおである

P1000717.JPG
リア充の権化、梁川りおさん(左)
やっぱ、イケてる女は口角上がってるしウインクもうまいわな


恵子タン(本田恵子先生)の
「月の夜 星の朝」(『りぼん』1983年〜1985年連載)は
当時どゎい人気で
上の画像の「りぼん」表紙(1984年6月号)を見て分かるように、
あの「ときめきトゥナイト」と人気を分け合う、
まさにツートップ体制であった。

ヒロインの梁川りおがあまりにも完璧な美少女だったため、
バスケットボールも勉強もできない、
目くそ鼻くそのような少女ゆかしなは
当時はりおに対して憎悪の念しかわかなかった。
でも、それって、憧れの裏返しだったんだよね……

壮絶なスクールカーストから解放されたころ、
ようやく素直でピュアなハートでもって
「月の夜 星の朝」を読みなおし、
「梁川りお」の愛らしさ、芯の強さを知ったのである。
そう、
たぶん私はずっと
「梁川りお」みたいな女の子になりたかったんである。


※過去記事
「りおと遼太郎になれる!! 『月の夜 星の朝』クロスペンダント♡」


本日はカーニバル開催のため
梁川りおになりたいという一心で集めた
「梁川りお」全プレグッズを
全力でお送りします


「りお&りょう スタディケース」(1984年)
ピンク色のペンケース。
鉛筆と三角定規でバトルする、りおと遼太郎がカワイイ
ケースの前面にフラップポケットが付いていて、
機能面もサスガの出来。
これで勉強すれば、りおと同じ、
名門・高穂高校に合格できるかも


裏面
ショートヘアのりおの可愛さに、気が狂いそうになる



「コーデュロイバッグ」(1985年)
ふろくではありえなかったコーデュロイ素材のバッグは、
全プレならではの高級感
この細かい縦うねの入った生地こそがコーデュロイ
全プレを申し込んだ者のみが味わえる、勝ち組の証なのである。
温かみのある生地感と
おきゃんなりおのイラストがマッチしている名作
世界中のどんなハイブランドより、
「RIBON」のプリントネームが付いていることが、
もっとも価値があるとゆかしなは思う。


裏側
POPな「KEIKO HONDA」のロゴタイプもまた楽し



「フルーティーハンカチ」(1984年)
これを見た瞬間、
正直、人生を辞めたくなったほどに可愛い。
色使いもデザインも、素晴らしいの一言
「梁川りお」のフレッシュな魅力が凝縮された、奇跡のハンカチーフ。
ショートカットの美神・りおが、
ウェイトレスの衣装を着ることがまずアカン
惚 れ て ま う や ろ 〜
そして
指に付いたクリーム(?)をペロリ&テヘッするのは
80年代女子の禁じ手中の禁じ手
これをやったことにより
ステディボーイがたまらず襲い掛かってくるか、
撃沈(シーーーーーン)するかは賭けだ。
各自よく脳内シミュレーションしてから取りかかるように。

よーし、今日はカーニバルだから
ここで
もう一人の「梁川りお」を紹介しよう。


1987年にAVデビューした女優、「梁川りお」
幼さの残るロリ系ビジュアルと不釣り合いの巨乳で
当時人気があったらしい。
「月の夜 星の朝」から名付けたかどうかは不明。
他の出演作
「ロリータのめざめ 発情」(1988年)
「アソコの国のアリス」(1988年)ほか
↑↑ルイス・キャロルさんに謝れ

「りおのカーニバル 生豆ヴァージン」(1989年)は
瀟洒なペンションを予約した「梁川りお」が
誤って1日早く訪れてしまったことから起きる、
戦慄の出来事を描いたエロティック・ドラマ。
アバンギャルド&オカルティックメルヘンな冒頭シーンを目撃せよ
※「月の夜 星の朝」は1ミリも関係ありません
不快な方は観ないでくださいね



ったく
崇高であるはずの少女漫画の主人公の名前をそのまま芸名にしていいのは
浅香唯ちゃんだけって相場が決まってんだよ〜
(大山和栄先生「シューティング・スター」より)

(参考画像)

ヒロイン・浅香唯「シューティング・スター」(小学館)

後日談として、
AV女優「梁川りお」はいろいろと改名歴があるのだが、
「梁 川 り お 子」に改名した時もあったらしい。
何があったか知らないが、「りお子」てwwww
もう激おこを通り越して、笑うしかない。


「りおのカーニバル in 昭和的ガーリー文化研究所」、
最後は
もう一人の「梁川りお」でもある青田浩子ちゃんの
映画版「月の夜 星の朝」の主題歌PVです。
こちらもある意味、ショッキング映像となっています


片山さつき先生ではありません

映画版「月の夜 星の朝」(1984年)については
穏健派のゆかしな所長ですら、
口を固く閉ざし、目を閉じてしまうほどの出来。
言いだすとキリがないが、
「梁川りお」(青田浩子)のキンキン声の棒読み芝居&バタ臭い顔、
「坂本遼太郎」(坂上忍)の
まんま坂上忍なセリフの言い回し」で、
まったくと言っていいほど作品世界に入り込めなかった。(私見です)
せっかくの映画化だってのに
なんてもったいない……
オーディションからやり直せ

そして、ゆかしなに演技指導をやらせてくれ〜ッ

唯一、
恋のライバル・龍川幸美役の伊藤かずえ女史だけが
美貌&演技力&女優オーラともに相変わらずの安定ぶりで、
ホッと救われます。
ただし、
映画版の幸美も、原作とはまるでキャラ設定が違って
お前誰やねん、なんですけどね。

やはり原作は偉大であると思い知るに至るのであった……

「北風のうしろの国へ」 龍川幸美

※つながりのあるみなさまに私信です※
これまでに、
ゆかしな宛に寄贈品やおてまみをくださったみなさまへ。
あと
ゆかしなに
「送りますネ〜!」と明るく言われたのに、いっこうに届く気配のないみなさまへ。
なかなかお返事やお礼ができず、大変申し訳ありません!!
時間と、心に余裕ができ次第、
少しずつですがお返ししていきますので
なにとぞお許しください〜!!


ゆかしな所長



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

うちのタマ知りませんか?30周年☆

うちのタマ知りませんか?

点取り占い

点取り占いブログパーツ

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

りぼん RE-BORN [DVD]
りぼん RE-BORN [DVD] (JUGEMレビュー »)

ゆかしなフェイバリットムービー☆夏の日の少女。神社。そしてOSAMU GOODS。

links

profile

書いた記事数:533 最後に更新した日:2015/04/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM