ユニコと私

手塚治虫先生のディープなファンではないのですが、
「ユニコ」が大好きです。

ゆかしなもんの中では、
子供のころから「ユニコ=サンリオ」で、
アニメ映画として観たのが最初かな、と。
(サンリオは昔は、映画配給にも力を入れていたんですね〜〜。
良作もあるが、マニアックな作品多し。)

世界の手塚作品ではあるけれど
ユニコグッズって、そんなに世に出回らない。
うちにある数少ないユニコグッズを集めてみたのがコレ。
全部サンリオ製。



物持ちの悪いゆかしなもんが唯一、
子どものころから捨てなかったのが
写真奥にある便箋です。
1977年発売だから、
33年前の商品。
奇跡的に状態キレイです。
(サンリオって、
昔はレターセットではなく便箋単体を5〜7枚セットとかで売ってたのよね。)
このポップでドリーミィな色遣いが気に入っていて。

左は磁器のマスコット。
これは「まんだらけ」にて一目ぼれで買いました。
あんよがかわいい〜〜♪

右はオークションで入手したハンカチ。
ユニたんがお花をくわえています。
可愛さは時に罪でさえあります。

ハンカチにはもちろん、
サブキャラ、いいえヒロインの「黒猫チャオ」!!



どうよ、この乙女なポージング。
じつは私、ユニコよりも、このチャオちゃんのほうがお気に入りなの。
ユニコは優等生キャラだけど
チャオちゃんはおしゃまでわがままで勝手で、
憎めないところがチャーミング!
街で黒と白のモノトーン猫を見ると
赤いリボンを付けた姿を想像して一人でニヤニヤしてしまうという妄想病です。

「ユニコ」のアニメは映画が主なので、
チャオたんが登場する
1981年公開の「ユニコ」をぜひ観ていただきたい。
80年代名作ガーリーメルヘンムービーとでも言いましょうか。

ユニコと仲間たちの愛と勇気の冒険譚ですが、
映画らしいスケールの大きさで、ストーリーもおもしろい。
チャオちゃんが可愛い人間の女の子になります。
DVDも出ていて、安いのでぜひ買って観るべし☆
下の画像はサントラ盤。



この映画のなかのチャオちゃんを
私はもう何百回観たことだろう。
観るたびにキュン死にしてしまう、珠玉のシーンがこちら
ユニコとチャオたんの世紀の出会いシーンです。
ここからすべてが始まった。
杉山佳寿子女史の名演技とともに、お楽しみください。

こちらは魔女猫チャオたんのテーマソング
この曲は「なごり雪」を超えるイルカの名曲として認定。
映像にはサブリミナル的に、キキララやキティちゃんも出てきます。
こういうの見つけると、サンリオ好きとしてはアドレナリンが出まくるわね。



ゆかしなもん♪

評価:
手塚治虫,辻信太郎,辻真先
サンリオ
¥ 1,575
コメント:一家に1枚は持っておくべき名作サンリオ映画。黒猫チャオたんの可愛さに悶えよ!!


この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

うちのタマ知りませんか?30周年☆

うちのタマ知りませんか?

点取り占い

点取り占いブログパーツ

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

りぼん RE-BORN [DVD]
りぼん RE-BORN [DVD] (JUGEMレビュー »)

ゆかしなフェイバリットムービー☆夏の日の少女。神社。そしてOSAMU GOODS。

links

profile

書いた記事数:533 最後に更新した日:2015/04/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM