りぼん RE-BORN(1988)

やっと、この映画をご紹介することができます(涙

ガーリームービーの金字塔であり
ゆかしなもんのフェイバリットムービーでもある
「りぼん RE-BORN」です。



今関あきよし監督は
日本の少女映画の最重要人物であり、
ガーリームービーを撮らせたら右に出る者はいないと私は今でも信じていますが、
度重なる不祥事で今は第一線を離れているようです。
(そりゃ、そうか…)

舞台は信州。
中学生の木下さやかには、河童を愛してやまない変わり者の同級生・酒田梅代がいる。
梅代の奇想天外な行動に振り回されて、さやかはいつも大迷惑。
ただし、さやかは以前に教師と付き合っていたことがあり、
その現場を梅代に見られていたことで弱みを握られていた。
梅代の河童探しにイヤイヤ付き合っていたさやかだったが、
いつしか梅代と一緒に真剣に河童の存在を信じるようになり…

というストーリーだけ聞くと「これ、なんてB級映画?」ってなノリ。
ですが、違うんですってば!
中学生っていうキラキラした一瞬の時間の、
女の子の切なさ、可愛さ、純粋さ、光と影、危うさ。
そんなものが全部詰まっている。
私に撮っての「少女の時間」が蘇る映画なのです。
これを観ずして、何を観る!?というぐらい
最重要少女映画認定です。

それもこれも、見事なキャスティングのおかげ。
主演の伊藤真美ちゃんと今泉佐和子ちゃんの可愛さが、まず神懸かり的。
オーディションで選ばれたという逸材です。
二人の不思議で切ない友情物語には、胸がキュンとします。
女の子って、カワイイ生き物ですよね。
二人一緒の登下校のシーンだけでも、悶えます。
あとは、授業中のさやかの教科書音読シーンもちゃんとあります笑
学園ものバンザイ。

そして梅代に恋をするSF好きの乙女系男子には、あの角田英介。
角田君、めちゃくちゃイイ!!
繊細かつ丁寧な演技で、物語をより深く、切ないものにしてくれています。
さすがです。

あと特筆すべきは千住明の音楽。
なんてファンタジックでセンチメンタル。
心に残る名スコアではないでしょうか。
映画の世界観にぴったりなのです。

大人達はほとんど出てこない、
少女たちだけの、秘密の青春ムービーですね。
長野白馬村の美しい、牧歌的な風景も見所。
山、河、橋、田んぼ、神社、沼、そして古びた学校。
そんな風景を制服の美少女がキラキラと駆け抜けます。
タイトル「りぼん」も、ちゃんと意味があるんですよ。
DVD化されていない超レア映画ですが、
皆さん、何とかして観てください!!!笑

最後に。
さやかは、いつも「OSAMU GOODS」のバッグを持ち歩いています。
そこも、80年代ガーリー文化研究所としてはツボですね☆
「OSAMU GOODS」についてもいつか語り倒したいと思っております。

ゆかしなもん



この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

うちのタマ知りませんか?30周年☆

うちのタマ知りませんか?

点取り占い

点取り占いブログパーツ

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

りぼん RE-BORN [DVD]
りぼん RE-BORN [DVD] (JUGEMレビュー »)

ゆかしなフェイバリットムービー☆夏の日の少女。神社。そしてOSAMU GOODS。

links

profile

書いた記事数:533 最後に更新した日:2015/04/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM